#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

NEVER MIND THE BOOKS 2019に出展。「ドジっ子図鑑」を販売しました #nmtb19

2019年9月1日(日)11時〜18時30分に、さっぽろテレビ塔 2Fで開催するNEVER MIND THE BOOKS 2019に「赤沼俊幸の写真都市」として出展。「ドジっ子図鑑」を販売しました。

NEVER MIND THE BOOKS 2019
NEVER MIND THE BOOKS 2019 出展の様子

販売したZINE

出展では新作の「ドジっ子図鑑」を特別価格の800円で販売。昨年以前より販売している「意味深な絵馬写真集」「元祖の歩き方【北海道編】」「閉店の貼り紙写真集」「完全主観一番店ガイド」「おトイレの思い出」を出展特別価格の400円で販売、旧作の「ドジな子供たち写真集【選】」は出展特別価格の300円で販売しました。

販売したZINEの詳細は下記ページをご覧ください。

感想

購入者の感想を紹介します。

本を購入していただいた方

ドジっ子図鑑掲載ページ

NEVER MIND THE BOOKS 2019 ありがとうございました!&戦利品紹介 | 百物気 momonoke

購入したZINE

NEVER MIND THE BOOKSは参加者としても楽しいイベント。わずかな時間ではありましたが、ブースを急いで巡り、ZINEを入手しました。

出展してみての感想

NEVER MIND THE BOOKS 2019、無事終了しました。今年で三年目(三回目)の出展。過去最高の購入者に恵まれました。購入者はなんと50名!ブースにお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

僕を知らず、ブースに訪れた人は「???」という顔をします。その方に「街の風景を写真集にしてまして、例えば『閉店の貼り紙写真集』ではお店の閉店の貼り紙を、こちらの◯◯本では……」のような話をしていくと、大半の方は苦笑してブールを去るのですが、一部は「ははは!!なるほど!私、こういう好きです!」と笑って話してくれる瞬間があります。自分が「面白い」と思ったものが、相手の方も「面白い」と思う。心と心が通じ合う。その瞬間がたまらなく、嬉しくて高揚するのです…!

今回「ドジっ子図鑑」という本を作りました。初めて64ページの厚い本を作るということで、制作方法も変更。制作期間はかなり長期に渡りました。制作期間中は何度も何度も「……こんな本を作って誰が読むんだ?」という気持ちが湧き上がります。かろうじて繋ぎ留めるのは作ってる僕自身が面白いと思う気持ち。だけど、こんな本、他にはないし、本当に求めている人はいるのか?と続く自問自答。「でもきっと、100人に1人、いや、1000人に1人、自分と近い感性を持っている人がこの世にはいて、その人は喜んでくれるはず。その人に届けるんだ」という気持ちを持って、完成まで持っていきました。そう思えたのは僕自身「こんな本、誰が読むんだ。1000人に1人しか面白くないだろう…!僕は最高に面白いけど…」みたいな本に何度も助けられ、勇気をもらってきた人生だからです。

ブースに訪れた方には「ドジっ子診断」をまず行ってもらい、「あなたのドジっ子」が確定した時点で、「このようなドジっ子が90人掲載されているドジっ子図鑑を今回、作ったんですよー!」と私から熱く話し掛けると、「えー!なにこれーすごいー!」と目を輝かせて驚いてくれます。この瞬間がたまらないんですよ……。

こんどは来場者のターン。「90人を集めるなんてすごい!」「全国各地を集めたんですか?」「いつから集めているんですか?」など関心を持った来場者の方から、たくさんの質問が!この通じ合う瞬間がたまらないんですよ……。

私とあなたは違う人間で、今まで違う人生を歩んできた。おそらく性格も趣味も違う。別の場所で会ったとしても友達になることはなかった。でも、僕が心を込めて制作した媒体「ドジっ子図鑑」を通して、一瞬だけど、心が通じ合う。驚いてくれる。笑ってくれる。心が動く。

その瞬間がたまらないんですよ……。そんな心と心が通じ合う瞬間を何度もできたNEVER MIND THE BOOKS 2019。充実感いっぱいのイベントでした。

こんな体験をもっともっとしたい!今後は「ドジっ子図鑑」を武器にして、全国のZINE・同人誌販売イベントに出展したいと考えています。もし、私のような者が出展可能なイベントがありましたら、教えていただけると嬉しいです。日本全国、いろんなところに出展して、「1000人に1人」の心が強烈に動いてくれる人に会いたい……!

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note