#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

読書記録

Category
片手袋研究入門 石井公二著

「片手袋研究入門」は路上観察マニア本の金字塔。美しい構成であり、小説や物語を読み終えた読後感

64 views
石井公二著「片手袋研究入門」、素晴らしすぎて、二回読みました。発売直後に買ったのですが、レビューが遅れたのは噛みしめるように読んだから…! 正直なところ、自分がこのような本が書ける時が訪れたら、構成を真似したいと思うほど美しい構成の本でした...
山積みの本

#路上探険フェス (#路探祭) で購入した本と感想

213 views
「僕のためのイベントじゃん…」と思わず、つぶやいた路上探険フェス(通称、路探祭)に行ってきました。路探祭は2019年11月3、4日に神奈川県の湘南駅で開催。僕は最終日の4日に行ってきました。3日はおもしろ同人誌バザールに出展。 購入した本 ...
街角図鑑

[読書感想]街角図鑑 三土たつおさん著

93 views
湘南駅で開催された路上探険フェス。数々の本を購入し、記事に感想を書きました。その中でも、印象に残った三土たつおさん(@mitsuchi )著の街角図鑑を個別記事にします。 街角図鑑 今まで「あれ、なんでいう名前なんだろ?」ということがいくつ...
三栖一明

2019年5・6・7月に読んだ本

324 views
NUMBER GIRLファン、というのもあり、最も印象に残った本は向井秀徳著の「三栖一明」。向井秀徳が盟友、三栖一明について語っていくのですが、それがそのまま向井秀徳の歴史にもなる自伝的本。一つの出来事について、向井秀徳について語らますが、...
ファクトフルネス

2019年3・4月に読んだ本「ファクトフルネス」

245 views
最も良かった本……といいますか、”2018年度発売ベスト書籍”と思えたのは『ファクトフルネス』。「知性とは?」というテーマに関心のある全ての方はぜひ読んでほしい。理論が好きな野球ファンの方は『セイバーメトリクスの落と...
みみずくは黄昏に飛びたつ

2019年1・2月に読んだ本「みみずくは黄昏に飛びたつ」

204 views
最も印象的に残った本は「みみずくは黄昏に飛びたつ」。小説家が自分の小説について語るのは珍しく、なおかつ僕が最も好きな純文学作家、村上春樹が語っているという本で驚く箇所がたくさん。インタビュワ―の川上未映子さんの踏み込みが強く、「よくぞこんな...
厚岸のおかず

2018年10・11月に読んだ本 向井秀徳著「厚岸のおかず」

370 views
もっとも印象的だったのは、ファンということもありますが、向井秀徳著「厚岸のおかず」。最初からすごく面白かったのですが、特に「サークル・シャッフル」が秀逸。フィクションかノンフィクションかわからなくなる話もあり、フィクションとノンフィクション...

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note