#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

2023年7・8・9月に読んだ本「自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 」

729 views
約3分

久々に激ハマりした地上波ドラマの「VIVANT」。別班のような話が大好きなので、『自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体』本を購入して読みました。こういう長い年月をかけた労作は本当頭が下がります。一回ぐらい書いてみたい。

7月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:448
ナイス数:2

1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)
読了日:07月27日 著者:藤倉 勇樹
1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)1冊でわかる右四間飛車 その狙いと対策 (マイナビ将棋BOOKS)感想
四間飛車の対応の幅が広がった。まだまだ対応に穴はあるけど、だいぶ対応の手段が広がったぞ!
読了日:07月27日 著者:藤倉 勇樹

読書メーター

8月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:570
ナイス数:6

ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ (角川新書)ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ (角川新書)感想
コンピュータ将棋と開発者、対決する棋士を丹念に追ったドキュメント本。構成が見事すぎる…。ずっと面白く、一気読み。背景を知ってる人は必読書。
読了日:08月06日 著者:松本博文

読書メーター

9月に読んだ本

9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1136
ナイス数:12

自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)感想
『自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体』という本を読み、その内容に衝撃を受けました。この本は、共同通信社の記者が取材を重ねて綴ったもので、VIVANTで話題となっている「別班」の実態に深く迫っています。多くの関係者からの証言を基に、別班の存在を明らかにしようとする筆者の姿勢は圧巻。しかし政府や自衛隊幹部からは一貫して「存在しない」との回答。その反面で、元・現役の自衛官や別班のメンバーからの情報提供は絶えず、特に「別班の洗脳」「資金源」「米軍との関係」などの謎多き点が浮かび上がってきます。続編も期待
読了日:09月16日 著者:石井 暁
探偵の現場 (角川新書)探偵の現場 (角川新書)感想
探偵業の内幕を紐解くだけでなく、深い人間心理や社会現象にも触れた一冊。浮気調査の実例では、多くの驚きの結末が展開され、読者は現実の多様性を感じ取れます。また、データやランキングが具体的な体験談と共に提示される章は、単なる数値以上の深い物語が感じられ、ページを早くめくりたくなります。中でも、クイズ形式での提示は読者の参加型の読書体験を醸し出し、飽きさせない構成となっています。最終章の探偵業の未来考察も、新たな視点での思索を促します。構成の工夫と内容の深さから、手に取るすべての人におすすめの書籍です。
読了日:09月19日 著者:岡田 真弓
フランスの子どもは夜泣きをしない ―パリ発「子育て」の秘密―フランスの子どもは夜泣きをしない ―パリ発「子育て」の秘密―
読了日:09月27日 著者:パメラ・ドラッカーマン
偽りなきコントの世界偽りなきコントの世界
読了日:09月29日 著者:岩崎 う大,中村 計
偽りなきコントの世界偽りなきコントの世界感想
ナイツ塙さんの「言い訳」のコント版。同じく中村計さん執筆の二部作というべき本。「言い訳」はM-1ベースだが、こちらはキングオブコントをメインに語られる。う大さんがコントのどこに重きを置いているかの脳内が一部明らかになる。キングオブコントが好きなら楽しめる本。
読了日:09月29日 著者:岩崎 う大,中村 計

読書メーター

赤沼俊幸の最新情報