#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

2017年11月に読んだ本 「貧乏はお金持ち」など

542 views
約 2 分

最も勉強になった本は「貧乏はお金持ち」。フリーランスや起業している方であれば、受け入れやすい本。会社員の方で、フリーランス願望がある方は読んでみてもいいと思う。「なんでそうなの 札幌のカラス」はカラス好きにはオススメなんですが、カラス好きがそんなにいないですよね…。「死なないための生き残り読本」は伝説の奇書になりえた可能性があったけど、編集者のセンスでダメにしてしまった本として印象深かった。

11月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:709
ナイス数:6

貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する感想
非常に勉強になった。前半は考え方の勉強。中盤はフリーランスにとってはよくわかる内容。後半のファイナンス理論については難しいと感じたので、勉強が必要だと感じた。すぐ実践できないけど、いつか実践したいな
読了日:11月06日 著者:橘 玲

なんでそうなの 札幌のカラスなんでそうなの 札幌のカラス感想
カラスに対しての知識は別本である程度あったけど、この本では札幌のカラスやカラス自体の生活にも、もっと詳しく知れるカラス好きには絶対読んだほうがいい本!
読了日:11月14日 著者:中村 眞樹子(NPO法人札幌カラス研究会)

死なないための生き残り読本。死なないための生き残り読本。感想
現代の奇書。ところが奇書になりえていないところがあって、(編注)が邪魔だった…。これがいらない。ツッコミのセンスがない…。これで一般の世界に取り残される。そうではなくて、突っ放して、ずっとネイチャージモン的世界にいざなう本になれば、奇書業界の扱う本になったはず。変にバランスを取ろうとして失敗した例だと思う。もっともっと変な本として突っ放してほしかった。後半は教祖の教えと近い感じした。編注がなければ、教祖の本になりえたはず…。とにかくいろいろもったいない本だった。
読了日:11月22日 著者:ネイチャージモン

読書メーター

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント

SNS