#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

2018年5月に読んだ本「握る男」

232 views
約 3 分

最近はビジネス本や文化本を読むことが多く、小説を読み切ったことは本当に久しぶり。数年ぶりの小説。それが「握る男」。

男の一代記。話からは豊臣秀吉そのものや、漫画の「サンクチュアリ」、神田昌典さんの「告白」も思い出します。小説を読んで思ったことは、ゲソや金森のようにはなりたくもないし、憧れもないということ。大学時代の僕であれば、両者のどちらかに憧れていたのだと思います。だけど、権力を握るということは、他のことも握られるということもあり、自分はそういう生き方は向いていないと改めて思いました。

5月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1922
ナイス数:20

野村克也 野球論集成野村克也 野球論集成感想
やっと読み終えた。タイトルに相応しい野球論集大成。野村克也さんファンとして読む。野球の見方が変わる。野球は深い…。野球を実際にやっている人は絶対、読んでほしい。
読了日:05月09日 著者:野村 克也
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)感想
陰謀論に満ち溢れた本。結論ありきで書かれているところが多い。自分が知識なかった学生の頃だったら、ころっとこういう本を信じちゃいそう。今の知識で読むと、おかしいところがどんどん出てくる…。
読了日:05月14日 著者:安部 芳裕
誰でも60分以上スイスイ講演ができるコツ誰でも60分以上スイスイ講演ができるコツ感想
セミナー前に読み直して役に立った…!講演の仕事をしたい人は全員読んだほうがいいと思う。読みやすいので、定期的に読み直したい
読了日:05月14日 著者:釘山健一
東京都北区赤羽 4 (GAコミックススペシャル)東京都北区赤羽 4 (GAコミックススペシャル)感想
フードコート観察の視点はなかったので、興味深かった…。ヘビに興味を持った…。ちからマスターの人生すげぇってなった…。
読了日:05月14日 著者:清野とおる
握る男 (角川文庫)握る男 (角川文庫)感想
小説を読みきったのはとても久しぶりだった。

男の一代記。話からは豊臣秀吉そのものや、漫画の「サンクチュアリ」、神田昌典さんの「告白」も思い出した。

小説を読んで思ったことは、ゲソや金森のようにはなりたくもないし、憧れもないということだった。

大学時代の僕であれば、両者のどちらかに憧れていたのだと思う。だけど、権力を握るということは、他のことも握られるということもあり、自分はそういう生き方は向いていないと思った。
読了日:05月14日 著者:原 宏一
日本トンデモ祭―珍祭・奇祭きてれつガイド日本トンデモ祭―珍祭・奇祭きてれつガイド感想
この本を元に奇祭リストを作りました。この本は奇祭をジャンル毎に分けている。行ってみたい祭りがいっぱいあった…。
読了日:05月21日 著者:杉岡 幸徳
奇妙な祭り―日本全国“奇祭・珍祭”四四選 (角川oneテーマ21)奇妙な祭り―日本全国“奇祭・珍祭”四四選 (角川oneテーマ21)感想
この本を元に奇祭リストを作りました。この本は奇祭を季節毎に分けている。行ってみたい祭りがいっぱいあった…。
読了日:05月21日 著者:杉岡 幸徳

読書メーター

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント

SNS