#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

2019年5・6・7月に読んだ本

218 views
約 4 分

NUMBER GIRLファン、というのもあり、最も印象に残った本は向井秀徳著の「三栖一明」。向井秀徳が盟友、三栖一明について語っていくのですが、それがそのまま向井秀徳の歴史にもなる自伝的本。一つの出来事について、向井秀徳について語らますが、最後に三栖一明のインタビューで伏線を回収されていく美しさと切なさ。僕にはこんなにも時間と歴史を共有している友人がいないので、羨ましくも思えました。選挙、政治好きの方はぜひとも「武器としての世論調査」を読んでほしいと思います。数年後に読んでも色褪せる内容ではないですが、扱ってる内容が今なため「今」読むことをおすすめします。

5月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1184
ナイス数:8

タモリと戦後ニッポン (講談社現代新書)タモリと戦後ニッポン (講談社現代新書)感想
超力作。タイトルのとおり、戦後日本とタモリさんの歴史を学べる。驚いたのは僕も大ファンの「ワラッテイイトモ、」からこの本が生まれた要因もあるとのこと。創作が伝播していくのは嬉しい。
読了日:05月06日 著者:近藤 正高
つるつるとザラザラの間(1) (アフタヌーンKC)つるつるとザラザラの間(1) (アフタヌーンKC)
読了日:05月09日 著者:月子
つるつるとザラザラの間(2) (アフタヌーンKC)つるつるとザラザラの間(2) (アフタヌーンKC)
読了日:05月10日 著者:月子
つるつるとザラザラの間(3) (アフタヌーンKC)つるつるとザラザラの間(3) (アフタヌーンKC)
読了日:05月10日 著者:月子
三栖一明 (単行本)三栖一明 (単行本)感想
美しい本だった。向井秀徳ファンなら必読。最後まで読み終わってAmazonレビューで絶賛されている意味がわかる。最後の三栖さんのインタビューで伏線が回収されていく美しさと切なさ
読了日:05月27日 著者:向井 秀徳

読書メーター

6月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:224
ナイス数:5

永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)永瀬流 負けない将棋 (マイナビ将棋BOOKS)感想
永瀬さんの考え方がみっちり書いている本。盤面をゾーンとして捉える永瀬さんの将棋感が本書でわかります。

永瀬さんが本でひたすら説くのは「勝っている時は丁寧に。負けている時は辛抱」という教え。本書は将棋の本ですが、将棋に限らない考えた方が身についたように思います。

僕は負けている将棋や、人生においても逆境が好きなのですが、本書を読んでより動じなくなったように思います。
読了日:06月08日 著者:永瀬 拓矢

読書メーター

7月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1390
ナイス数:26

羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)羽生善治の終盤術〈3〉堅さをくずす本 (最強将棋21)感想
羽生さんと会話しているような気分になると本。実戦譜からの解説。難易度がバラバラでありました
読了日:07月02日 著者:羽生 善治
サイコパス (文春新書)サイコパス (文春新書)感想
自分がもう少しサイコパス要素を持っていれたら、「成功者」になれたんじゃないかと思った…。高杉晋作がサイコパスのような気がしてきた(僕は高杉晋作が大好きです)。マザーテレサがサイコパスだったのでは説おもしろい。「炎上ブロガーにサイコパスが多い」何人もの顔が浮かぶ…優しい、いい人があの炎上ブロガーのファンになりやすいからな…
読了日:07月04日 著者:中野 信子
Maybe! (vol.7) (SHOGAKUKAN SELECT MOOK)Maybe! (vol.7) (SHOGAKUKAN SELECT MOOK)感想
清野さんの赤羽ツアーおもしろかった!
読了日:07月09日 著者:小学館
うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間感想
3時間であっという間に一気読み。貴重なうつ病体験記。身近にうつ病の方がいる人は必読。いつか自分にうつ病がやってきても対処法がわかった感じがする。終章が良かった
読了日:07月24日 著者:先崎 学
ウェブ社会のゆくえ 〈多孔化〉した現実のなかで (NHKブックス)ウェブ社会のゆくえ 〈多孔化〉した現実のなかで (NHKブックス)感想
本書で記載している「現実の多孔化」についてはIT業界に生きている者としてわかってはいたが、本書を読みハッキリとこの状態を認識できた。社会学的なアプローチの分析が多く、その分析を必要としているかが、本書の評価を分けそうだと思った。
読了日:07月30日 著者:鈴木 謙介
武器としての世論調査 (ちくま新書)武器としての世論調査 (ちくま新書)感想
数年後に読んでも色褪せる内容ではないが、扱ってる内容が今なため「今」読めて本当に良かった。真摯に公開されている数値に向かい合い、真摯に分析の仕方を提示した秀書。時折出てくる時代についての考察やメッセージも、とても美しく、力強く、筆者は恐ろしく聡明な方だとも感じた。
読了日:07月30日 著者:三春充希
本当の「私」が見つかる心理テスト 自分の’本能’に気づけば、必ず幸せになれる本当の「私」が見つかる心理テスト 自分の’本能’に気づけば、必ず幸せになれる感想
ひととおりやってみたけど、同じ時間をかけるなら、エニアグラムのほうが有意義なように感じた。あくまで補助的な内容に感じる。
読了日:07月30日 著者:中嶋 真澄

読書メーター

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note