#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

僕たちの未来が書いてある さのかずや著 #田舎の未来 を読んで

364 views
約3分

さのかずや著の「田舎の未来」を読みましたので、感想を書きます。さのさんとはNoMapsの時にようやくチラッとだけ会うことができました。

僕たちの未来が書いてある

田舎の未来

さのかずや著の「田舎の未来」読了。この本を読み始めて、まず思った違和感は「あれ、自分の考えてる問題意識とは少し違うぞ」だった。なぜかはすぐ気づいた。これは「田舎」について書いてある本だからだ。

「地方創生」から始まった世間でよく言われる構図は「都市か地方か」という二項対立。

僕は地方側の人間として「田舎の未来」を読んでいた。だが、「田舎の未来」は「都市が地方か」という二項対立で済む地方の話ではなかった。もっと別の階層が存在してる。

僕が住んでいるのが札幌。札幌は田舎ではなく地方都市だった。日本には

  • 都市
  • 地方都市
  • 田舎

があり、それぞれで置かれている問題が違うと思う。(※この区分はもっと細分化できる)

だからといって、札幌という地方都市に住んでいる僕が「田舎の未来」が他人事の内容とは思えない。田舎の問題は、近い将来、地方都市も直面していく問題だろう。

「田舎の未来」で書かれている問題は札幌にもすでに存在しているが、問題の重みは札幌のような地方都市より、本書の舞台、遠軽町の田舎の方がずっとずっと重く、深刻な問題が詰まっている。

「田舎の未来」では田舎における現在進行系の問題点がいくつも提示される。しかし問題点に対して、本書では完璧な問題解決方法は提示されない。ただ、著者による「僕はこう考え、こうやってみようと思ってる」が提示される。その中のいくつかを著者は実際の行動に移していく。

繰り返し提示される「田舎の問題点と行動」に対して、「僕はこう考え、こうやってみようと思ってる。君はどう思う?」と読者は問いかけているような気分になっていく。

本書ではこのスタンスによって、読者に対して、「(遠い)田舎で起きている問題」ではなくて、「自分ごとの問題」にさせている。

「自分ごとの問題」として提示してる顕著な箇所はP84の「消費者根性」だと思う。ここでの言及はまったく同感。最近ごく一部にある「JRは国営のほうが廃線しなくて良かった」というのはまさに消費者根性を表していると思う。

本書は理論書ではなく、伴走者本である。著者は読者を伴走者にさせている。もし、この本を読んで「何もしない人」は著者の言う「消費者根性」と変わらないと思う。

田舎の未来は、僕たちの未来でもある。僕たちの未来を、この本と共に考えていく必要があるだろう。

アンサー

ぜひ購入して読みましょう

田舎の未来 手探りの7年間とその先について (SERIES3/4 4)

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note