#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

【ご提案】新時代の文章執筆方法「ChatGPTとClaudeの両方に文章を直してもらい、掛け合わせていいとこ取りすれば良い文章になるのでは?」実験報告

776 views
約26分

AIが本格的に便利な時代になってきました。ChatGPT一強かと思いきや、突如話題になった文章力に評価のあるAI、Claude(クロード)。本記事では新時代の文章執筆方法として、ChatGPTとClaudeを掛け合わせる方法を実験、提案します。

手順①元の文章を書く

確定申告を終え「そういえばあれをやろう」と思い立ちしたのがSearch Consoleのプロパティ登録のドメイン化。少しつまづいたこともあり、マーケティストのXに箇条書きで記載。それが以下の文章。

サーチコンソールのプロパティタイプ「ドメイン」で登録したい(URLプレフィックスではなく)
↓
環境
サーバー : Xserver
ドメイン : ムームードメイン
↓
TXTレコードの登録はムームードメインの「ムームーDNS」から「カスタム設定」か…?
↓
違う
↓
「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」でネームサーバ「http://ns1.xserver.jp」などを登録している時はXserver側の設定
↓
Xserverの「サーバーパネル」から「ドメイン」→「DNSレコード設定」から対象ドメインの「選択する」を選び
↓
「DNSレコード追加」から
・「種別」を「TXT」ら
・「内容欄」に「③以下の TXT レコードを "ドメイン名" の DNS 設定にコピーします」で発行されたコードをコピーして貼り付け
↓
「確認画面へ進む」から設定
↓
サーチコンソールに戻り、右下の「確認」を押す
↓
すぐには反映しませんので待つ。私は30分で完了しました

以上です。同じ状態でお困りの方は参考にしてもらえれば嬉しいです。

せっかく長文を記載したのだから、久々にマーケティストのブログを更新したい。でも長文を書くのはめんどいので、ChatGPTに直してもらおうと考えました。このような箇条書きを文章化するのはAIがかなり得意なことはわかっていました。………いや、もしかして、ChatGPTより、Claudeのほうがいいのか?

「そうだ!ChatGPTとClaudeの両方に文章を直してもらい、それをChatGPTでミックスすれば良い文章になるのでは?」と思いました。その実験報告です。図にすると以下の通り。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: chatgpt_claude.001-1024x576.jpeg

なお、本記事ではChatGPTは有料版の4。Claudeは無料版のSonnetを使用しています。Claudeは有料版を使用することにより、飛躍的に精度が上がる可能性がありますのが、まずは比較的真似しやすいClaudeを使用していることをご了承ください。

手順②ChatGPTで文章を修正

さあ、①で作った文章をChatGPTで文章作成を依頼します。別の機会でChatGPTに質問し、回答をもらっていた内容も追加します。ちなみに私のChatGPTは有料の4です。

ChatGPTへのプロンプト

以下の題材を整理して、ブログの文章を書いてほしいです。以下のAの内容を中心としたプログの文章にしてください。
Aで足りないところはB、Cの参考資料で補ってください。

■A.中心となる文章

タイトル : Search Consoleのプロパティタイプ「ドメイン」を登録したいけど、少しハマったメモ。Xserver+ムームードメインの場合

本文 : 
サーチコンソールのプロパティタイプ「ドメイン」で登録したい(URLプレフィックスではなく)
↓
環境
サーバー : Xserver
ドメイン : ムームードメイン
↓
TXTレコードの登録はムームードメインの「ムームーDNS」から「カスタム設定」か…?
↓
違う
↓
「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」でネームサーバ「http://ns1.xserver.jp」などを登録している時はXserver側の設定
↓

Xserverの「サーバーパネル」から「ドメイン」→「DNSレコード設定」から対象ドメインの「選択する」を選び
↓
「DNSレコード追加」から
・「種別」を「TXT」ら
・「内容欄」に「③以下の TXT レコードを "ドメイン名" の DNS 設定にコピーします」で発行されたコードをコピーして貼り付け
↓

「確認画面へ進む」から設定
↓
サーチコンソールに戻り、右下の「確認」を押す
↓
すぐには反映しませんので待つ。私は30分で完了しました

以上です。同じ状態でお困りの方は参考にしてもらえれば嬉しいです。

■B.参考資料 : ドメインプロパティで登録するメリット

ドメインプロパティ
包括性: ドメインプロパティを使用すると、指定されたドメインのすべてのサブドメインとプロトコル(http、https)、およびサブパス(パラメータを含む)が含まれます。これは、例えば example.com、www.example.com、https://example.com、http://blog.example.com など、あらゆるバリエーションをカバーすることを意味します。
設定: DNSレコードを通じて所有権の確認が必要です。これにより、一度の設定でドメイン全体のデータを管理できるようになります。
URLプレフィックスプロパティ
特定性: URLプレフィックスプロパティは、指定したURLの正確なマッチに基づいてデータを表示します。これは、プロトコル(http、https)、サブドメイン、パスが正確に一致するURLのみを対象とします。
設定: HTMLファイルのアップロード、HTMLタグの追加、Google AnalyticsやGoogle Tag Managerなど、他の方法で所有権の確認が可能です。

ドメインで登録するメリット
全体像の把握: ドメインプロパティにより、ドメイン全体のパフォーマンスを一元的に確認できます。これにより、サブドメイン間やプロトコル間のデータを比較分析する手間が省け、効率的なSEO対策が行えます。
簡素化された管理: 複数のサブドメインやプロトコルがあるウェブサイトの場合、それぞれに対して個別のURLプレフィックスプロパティを設定する必要がなくなります。これにより、管理が簡素化され、時間と労力を節約できます。
包括的なデータ収集: ドメインプロパティでは、URLパラメータの違いによるデータの分断を避け、より広範な視点からウェブサイトのパフォーマンスを評価できます。
総合的に、ドメインプロパティを使用することで、ウェブサイト全体のSEOとパフォーマンスをより包括的かつ効率的に管理・分析できるようになります。特に大規模なウェブサイトや、多くのサブドメインを持つウェブサイトにとって有効な方法です。

■C.参考資料 : XserverでサーチコンソールのTXTレコードを設定する

「akanuma.red」というサイトで、サーバーには「Xserver」を、ドメイン管理には「ムームードメイン」を使用している状況で、GoogleサーチコンソールのTXTレコードを設定する必要がある場合、設定は「Xserver」のDNS管理画面で行う必要があります。

この理由は、ムームードメインの管理画面でネームサーバが「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」に設定されており、実際のネームサーバとして「ns1.xserver.jp」などXserverのネームサーバが指定されているためです。この設定により、ドメイン名「akanuma.red」に関連するDNSレコード(Aレコード、MXレコード、TXTレコードなど)の管理はXserver側で行われます。

したがって、サーチコンソールのTXTレコードを設定するには以下の手順を行います:

Xserverのコントロールパネルにログイン:

Xserverのコントロールパネルにアクセスし、アカウント情報を使用してログインします。
ドメイン設定を選択:

コントロールパネルのメニューから「ドメイン設定」や「DNS設定」など、DNSレコードを管理するセクションを選択します。
対象のドメインを選択:

管理したい「akanuma.red」ドメインをリストから選択します。
TXTレコードを追加:

DNS設定画面で、新しいTXTレコードを追加するオプションを見つけ、必要な情報(レコードタイプ、ホスト名、値、TTLなど)を入力します。Googleサーチコンソールから提供されたTXTレコードの値を使用します。
変更を保存して適用:

すべての情報を正しく入力したら、変更を保存して適用します。
DNSレコードの変更がプロパゲート(伝播)するには、数時間から数日かかる場合がありますので、変更後はしばらく時間を置いてから、TXTレコードが正しく設定されているかを確認してください。

不明点がある場合や手順について詳しく知りたい場合は、Xserverのサポートドキュメントを参照するか、サポートチームに直接お問い合わせください。

ChatGPTからの出力

タイトル: Search Consoleの「ドメイン」プロパティの登録に挑戦: Xserverとムームードメインの場合

本文:
サーチコンソールにおける「ドメイン」プロパティの登録は、ウェブサイトの全体的なパフォーマンスを一元管理する上で重要な手段となります。特に、ウェブサイトの様々なバリエーション(例えば、httpsとhttp、またはwwwありとなし)を包括的に把握するためには、この方法が最適です。しかし、実際に設定を行う際には、サーバーやドメインの管理環境によっては、少々複雑な手順を踏む必要があります。

今回のケースでは、サーバーとして「Xserver」、ドメイン管理に「ムームードメイン」を利用している状況を例にとります。まず、ムームードメインの「ムームーDNS」にてTXTレコードを設定しようとすると、これが適切なアプローチではないことに気づきます。実は、ドメインのネームサーバとしてXserverが指定されている場合、DNSの設定はXserver側で行う必要があります。

具体的には、Xserverのコントロールパネルから「ドメイン」セクションに移動し、「DNSレコード設定」にアクセスします。ここで「DNSレコード追加」のオプションを選択し、指示に従ってTXTレコードを追加します。この際、サーチコンソールから提供されたTXTレコードの値を正確に入力することが重要です。

設定後、変更が反映されるまでには多少時間がかかります。私の場合、完了までに約30分を要しました。この間、サーチコンソール側で「確認」ボタンを押し、定期的に状況をチェックすることをお勧めします。

ドメインプロパティを使用する最大のメリットは、ウェブサイト全体のデータを一箇所で管理し、サブドメインやプロトコル間でのデータの比較分析が容易になる点です。これにより、SEO対策をより効率的かつ総合的に行うことが可能になります。特に、複数のサブドメインやプロトコルを持つ大規模なウェブサイトを運営している場合、ドメインプロパティの利用は管理の簡素化に大きく寄与します。

本記事では、Xserverとムームードメインを例に、サーチコンソールのドメインプロパティ登録の手順をご紹介しましたが、この手順は他のサーバーやドメイン管理サービスにも応用可能です。もし手順で不明な点があれば、サーバーまたはドメイン提供サービスのサポートドキュメントを参照するか、直接サポートチームに問い合わせることをお勧めします。SEO対策の効率化とウェブサイトの全体的なパフォーマンス向上のために、ぜひドメインプロパティの登録を検討してみてください。

上記の内容が返ってきました。ちゃんと文章になっていますね。

手順③Claudeで文章を修正

同様に①で作った文章をClaudeで文章作成を依頼します。

Claudeへのプロンプト

以下の題材を整理して、ブログの文章を書いてほしいです。以下のAの内容を中心としたプログの文章にしてください。
Aで足りないところはB、Cの参考資料で補ってください。

■A.中心となる文章

タイトル : Search Consoleのプロパティタイプ「ドメイン」を登録したいけど、少しハマったメモ。Xserver+ムームードメインの場合

本文 : 
サーチコンソールのプロパティタイプ「ドメイン」で登録したい(URLプレフィックスではなく)
↓
環境
サーバー : Xserver
ドメイン : ムームードメイン
↓
TXTレコードの登録はムームードメインの「ムームーDNS」から「カスタム設定」か…?
↓
違う
↓
「GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」でネームサーバ「http://ns1.xserver.jp」などを登録している時はXserver側の設定
↓

Xserverの「サーバーパネル」から「ドメイン」→「DNSレコード設定」から対象ドメインの「選択する」を選び
↓
「DNSレコード追加」から
・「種別」を「TXT」ら
・「内容欄」に「③以下の TXT レコードを "ドメイン名" の DNS 設定にコピーします」で発行されたコードをコピーして貼り付け
↓

「確認画面へ進む」から設定
↓
サーチコンソールに戻り、右下の「確認」を押す
↓
すぐには反映しませんので待つ。私は30分で完了しました

以上です。同じ状態でお困りの方は参考にしてもらえれば嬉しいです。

■B.参考資料 : ドメインプロパティで登録するメリット

ドメインプロパティ
包括性: ドメインプロパティを使用すると、指定されたドメインのすべてのサブドメインとプロトコル(http、https)、およびサブパス(パラメータを含む)が含まれます。これは、例えば example.com、www.example.com、https://example.com、http://blog.example.com など、あらゆるバリエーションをカバーすることを意味します。
設定: DNSレコードを通じて所有権の確認が必要です。これにより、一度の設定でドメイン全体のデータを管理できるようになります。
URLプレフィックスプロパティ
特定性: URLプレフィックスプロパティは、指定したURLの正確なマッチに基づいてデータを表示します。これは、プロトコル(http、https)、サブドメイン、パスが正確に一致するURLのみを対象とします。
設定: HTMLファイルのアップロード、HTMLタグの追加、Google AnalyticsやGoogle Tag Managerなど、他の方法で所有権の確認が可能です。

ドメインで登録するメリット
全体像の把握: ドメインプロパティにより、ドメイン全体のパフォーマンスを一元的に確認できます。これにより、サブドメイン間やプロトコル間のデータを比較分析する手間が省け、効率的なSEO対策が行えます。
簡素化された管理: 複数のサブドメインやプロトコルがあるウェブサイトの場合、それぞれに対して個別のURLプレフィックスプロパティを設定する必要がなくなります。これにより、管理が簡素化され、時間と労力を節約できます。
包括的なデータ収集: ドメインプロパティでは、URLパラメータの違いによるデータの分断を避け、より広範な視点からウェブサイトのパフォーマンスを評価できます。
総合的に、ドメインプロパティを使用することで、ウェブサイト全体のSEOとパフォーマンスをより包括的かつ効率的に管理・分析できるようになります。特に大規模なウェブサイトや、多くのサブドメインを持つウェブサイトにとって有効な方法です。

■C.参考資料 : XserverでサーチコンソールのTXTレコードを設定する

「akanuma.red」というサイトで、サーバーには「Xserver」を、ドメイン管理には「ムームードメイン」を使用している状況で、GoogleサーチコンソールのTXTレコードを設定する必要がある場合、設定は「Xserver」のDNS管理画面で行う必要があります。

この理由は、ムームードメインの管理画面でネームサーバが「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」に設定されており、実際のネームサーバとして「ns1.xserver.jp」などXserverのネームサーバが指定されているためです。この設定により、ドメイン名「akanuma.red」に関連するDNSレコード(Aレコード、MXレコード、TXTレコードなど)の管理はXserver側で行われます。

したがって、サーチコンソールのTXTレコードを設定するには以下の手順を行います:

Xserverのコントロールパネルにログイン:

Xserverのコントロールパネルにアクセスし、アカウント情報を使用してログインします。
ドメイン設定を選択:

コントロールパネルのメニューから「ドメイン設定」や「DNS設定」など、DNSレコードを管理するセクションを選択します。
対象のドメインを選択:

管理したい「akanuma.red」ドメインをリストから選択します。
TXTレコードを追加:

DNS設定画面で、新しいTXTレコードを追加するオプションを見つけ、必要な情報(レコードタイプ、ホスト名、値、TTLなど)を入力します。Googleサーチコンソールから提供されたTXTレコードの値を使用します。
変更を保存して適用:

すべての情報を正しく入力したら、変更を保存して適用します。
DNSレコードの変更がプロパゲート(伝播)するには、数時間から数日かかる場合がありますので、変更後はしばらく時間を置いてから、TXTレコードが正しく設定されているかを確認してください。

不明点がある場合や手順について詳しく知りたい場合は、Xserverのサポートドキュメントを参照するか、サポートチームに直接お問い合わせください。

ChatGPTと同様の内容です。プロンプトに関してはChatGPTと同様ではなく、XML形式で書いたほうが良い話が聞こえてきますが、いったん同じプロンプトにしています。

Claudeからの出力

タイトル: Search Consoleのプロパティタイプをドメインに登録する際の小さなつまずきと解決方法

本文:

Googleサーチコンソールで、ウェブサイトのパフォーマンスを包括的に把握したいと思い、プロパティタイプをURLプレフィックスから「ドメイン」に変更することにしました。しかし、そのための所有権確認の際、少し手間取ってしまったので、そのときの経験を共有させていただきます。

私の環境は、サーバーがXserverで、ドメイン管理はムームードメインを利用しています。はじめはムームードメインの管理画面から「カスタム設定」でTXTレコードを登録できるのかと思いましたが、そうではありませんでした。

実は、ムームードメインの設定で「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」になっていて、実際のネームサーバはXserverのものを指定していたのです。つまり、DNSレコードの管理はXserverの管理画面から行う必要があるということです。

具体的には、XserverのサーバーパネルからドメインのDNSレコード設定に入り、対象ドメインを選択します。そして「DNSレコード追加」から、種別を「TXT」を選び、サーチコンソールで発行されたコードを内容欄にコピー&ペーストします。最後に確認画面で設定を反映させれば完了です。

このように、所有権確認のTXTレコード設定は、ネームサーバを実際に管理している側で行う必要があるという点がポイントでした。DNSの設定経路に戸惑いましたが、無事にドメインプロパティを登録することができました。

ドメインプロパティを活用することで、ウェブサイト全体の総合的なパフォーマンスを把握できるようになります。URLプレフィックスプロパティに比べ、サブドメインやプロトコル、パラメーターの違いに関係なく包括的なデータを収集でき、SEO分析が効率化されるメリットがあります。特に大規模サイトにとって有用だと思います。

所有権確認に少し手間取りましたが、最終的には問題なく登録できたので、同じような環境で困っている方の参考になれば幸いです。

ClaudeとChatGPTを比較すると、Claudeのほうが文章が柔らかい印象があると思います。人間っぽいとも言えます。特にタイトルは「Search Consoleのプロパティタイプをドメインに登録する際の小さなつまずきと解決方法」と柔らかいですね。(ただ、本内容はXserverユーザーに向けて知ってほしいので、タイトルのXserverは省いてほしくなかった気持ちはありました)

手順④かけ合わせ+文章の良いところどり

ChatGPTとClaudeによる文章ができました。さて、ここからかけ合わせをしたいところですが、まずは文章を評価してもらいましょう。

ChatGPTによる文章の評価

以下のように文章の評価をしてもらいました。AがChatGPTで、BがClaudeです。

AとBの文章、どちらがわかりやすいか、判断して点数をつけてもらえますか。

---
■A
タイトル: Search Consoleの「ドメイン」プロパティの登録に挑戦: Xserverとムームードメインの場合

本文:
サーチコンソールにおける「ドメイン」プロパティの登録は、ウェブサイトの全体的なパフォーマンスを一元管理する上で重要な手段となります。特に、ウェブサイトの様々なバリエーション(例えば、httpsとhttp、またはwwwありとなし)を包括的に把握するためには、この方法が最適です。しかし、実際に設定を行う際には、サーバーやドメインの管理環境によっては、少々複雑な手順を踏む必要があります。

今回のケースでは、サーバーとして「Xserver」、ドメイン管理に「ムームードメイン」を利用している状況を例にとります。まず、ムームードメインの「ムームーDNS」にてTXTレコードを設定しようとすると、これが適切なアプローチではないことに気づきます。実は、ドメインのネームサーバとしてXserverが指定されている場合、DNSの設定はXserver側で行う必要があります。

具体的には、Xserverのコントロールパネルから「ドメイン」セクションに移動し、「DNSレコード設定」にアクセスします。ここで「DNSレコード追加」のオプションを選択し、指示に従ってTXTレコードを追加します。この際、サーチコンソールから提供されたTXTレコードの値を正確に入力することが重要です。

設定後、変更が反映されるまでには多少時間がかかります。私の場合、完了までに約30分を要しました。この間、サーチコンソール側で「確認」ボタンを押し、定期的に状況をチェックすることをお勧めします。

ドメインプロパティを使用する最大のメリットは、ウェブサイト全体のデータを一箇所で管理し、サブドメインやプロトコル間でのデータの比較分析が容易になる点です。これにより、SEO対策をより効率的かつ総合的に行うことが可能になります。特に、複数のサブドメインやプロトコルを持つ大規模なウェブサイトを運営している場合、ドメインプロパティの利用は管理の簡素化に大きく寄与します。

本記事では、Xserverとムームードメインを例に、サーチコンソールのドメインプロパティ登録の手順をご紹介しましたが、この手順は他のサーバーやドメイン管理サービスにも応用可能です。もし手順で不明な点があれば、サーバーまたはドメイン提供サービスのサポートドキュメントを参照するか、直接サポートチームに問い合わせることをお勧めします。SEO対策の効率化とウェブサイトの全体的なパフォーマンス向上のために、ぜひドメインプロパティの登録を検討してみてください。

■B
タイトル: Search Consoleのプロパティタイプをドメインに登録する際の小さなつまずきと解決方法

本文:

Googleサーチコンソールで、ウェブサイトのパフォーマンスを包括的に把握したいと思い、プロパティタイプをURLプレフィックスから「ドメイン」に変更することにしました。しかし、そのための所有権確認の際、少し手間取ってしまったので、そのときの経験を共有させていただきます。

私の環境は、サーバーがXserverで、ドメイン管理はムームードメインを利用しています。はじめはムームードメインの管理画面から「カスタム設定」でTXTレコードを登録できるのかと思いましたが、そうではありませんでした。

実は、ムームードメインの設定で「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」になっていて、実際のネームサーバはXserverのものを指定していたのです。つまり、DNSレコードの管理はXserverの管理画面から行う必要があるということです。

具体的には、XserverのサーバーパネルからドメインのDNSレコード設定に入り、対象ドメインを選択します。そして「DNSレコード追加」から、種別を「TXT」を選び、サーチコンソールで発行されたコードを内容欄にコピー&ペーストします。最後に確認画面で設定を反映させれば完了です。

このように、所有権確認のTXTレコード設定は、ネームサーバを実際に管理している側で行う必要があるという点がポイントでした。DNSの設定経路に戸惑いましたが、無事にドメインプロパティを登録することができました。

ドメインプロパティを活用することで、ウェブサイト全体の総合的なパフォーマンスを把握できるようになります。URLプレフィックスプロパティに比べ、サブドメインやプロトコル、パラメーターの違いに関係なく包括的なデータを収集でき、SEO分析が効率化されるメリットがあります。特に大規模サイトにとって有用だと思います。

所有権確認に少し手間取りましたが、最終的には問題なく登録できたので、同じような環境で困っている方の参考になれば幸いです。

ChatGPTからの文章の評価

文章AとBの比較を行い、わかりやすさに基づいて点数をつけます。点数は1から10のスケールで、10が最も高い点数です。

文章A
タイトル: タイトルは具体的で、対象とする環境が明確に示されています。これにより、読者は自分に関連するかどうかをすぐに判断できます。
構造: 文章は順を追って書かれており、段階的なプロセスが説明されています。しかし、少し詳細過ぎて読みにくい部分があります。
技術的な詳細: 専門的な内容が豊富に含まれており、詳細な情報を求める読者には適していますが、初心者にはやや難解かもしれません。
まとめ: 文章の終わりにウェブサイト全体のパフォーマンス管理の重要性と、ドメインプロパティのメリットが強調されています。
点数: 7/10。内容が豊富で詳細ですが、一部の読者にとっては複雑すぎる可能性があります。

文章B
タイトル: タイトルは少し一般的ですが、読者の関心を引く可能性があります。"小さなつまずきと解決方法"は、多くの人が経験するであろう問題に対する解決策を提供することを示唆しています。
構造: この文章も段階的なアプローチを取っていますが、Aよりも少し簡潔で読みやすいです。個人的な体験に基づくストーリー形式は、共感を生みやすくします。
技術的な詳細: 必要な技術情報は提供されていますが、よりシンプルでアクセスしやすい形で提示されています。このアプローチは、幅広い読者層に適しています。
まとめ: 文章の終わりに、ドメインプロパティの利用によるSEO分析の効率化というメリットが述べられています。また、他の人への助言として終わっているため、親しみやすさがあります。
点数: 8/10。技術的な情報がわかりやすく、ストーリーテリングの要素が読者の共感を呼びやすいため、よりアクセスしやすいと判断しました。

結論として、文章Bは少しわかりやすく、読者に親しみやすいため、点数が高くなりました。ただし、これは一般的な傾向に過ぎず、特定の読者の好みや必要に応じて、どちらかがより適している場合があります。

なんと、文章A 点数: 7/10、文章B点数: 8/10。Claudeのほうが良い結果になりました!!

ChatGPTに採点させたのにこの結果。ChatGPTが認めるClaudeの実力恐るべし。

それではかけ合わせをしてみましょう。

ChatGPTによる文章のかけ合わせ依頼

改善点を元にAとBの文章を合体させて、修正してもらうことはできますか

前スレッドから連続していますので、この一文章だけでわかってもらえます。

ChatGPTによる文章のかけ合わせ回答

AとBの文章を合体させて改善し、よりわかりやすくするために、次の点に焦点を当てます:

1. **タイトル**: タイトルを具体的かつ興味を引くものにします。
2. **導入部**: 読者の関心を引きつけるために、共感を誘うストーリーテリングの要素を導入します。
3. **構造**: 情報を段階的かつ簡潔に提示し、読みやすさを向上させます。
4. **技術的な詳細**: 必要な技術的な情報は維持しつつ、アクセスしやすく理解しやすい言葉で説明します。
5. **まとめ**: 文章の終わりに、行動を促すメッセージとメリットの要約を含めます。

改善された文章は以下の通りです:

---

### タイトル:
**Xserverとムームードメインを使ってGoogleサーチコンソールの「ドメイン」プロパティをスムーズに登録する方法**

### 本文:
Googleサーチコンソールでウェブサイト全体のパフォーマンスを一元管理したいと考えていました。URLプレフィックスからドメインプロパティに変更しようとした時、少し手間取った経験があります。特に、私のようにXserverとムームードメインを利用している場合、所有権確認のプロセスには注意が必要です。

はじめにムームードメインの管理画面でTXTレコードを設定しようとしましたが、実際にはXserverでDNSの設定を行う必要がありました。ここでのポイントは、ネームサーバがXserverに設定されている場合、DNSレコードの管理はXserverのコントロールパネルで行うということです。

Xserverのコントロールパネルにログインし、「ドメイン」セクションへ移動します。ここで「DNSレコード設定」にアクセスし、「DNSレコード追加」のオプションを選択。サーチコンソールから提供されたTXTレコードの値をコピー&ペーストして設定を完了させます。

設定には時間がかかることがあるため、サーチコンソールでの「確認」を定期的に行い、変更が反映されているかをチェックしましょう。

ドメインプロパティを利用することで、サブドメインやプロトコルを問わず、ウェブサイト全体のデータを一箇所で把握し、SEO対策を効率的に行うことができます。この手順は、Xserverとムームードメイン以外の環境にも適用可能です。不明な点があれば、各サービスのサポートにお問い合わせください。

この記事が、ドメインプロパティの登録プロセスをスムーズに行いたいと考えている方々の助けになれば幸いです。SEO対策とウェブサイト管理の効率化のために、この方法をぜひお試しください。

---

この改善された文章は、AとBの良い点を組み合わせています。タイトルは具体的で注目を集めやすく、本文は個人的な体験を元にしながらも、必要な技術的な詳細を簡潔に説明しています。最後に、行動を促すメッセージとメリットの要約を加えることで、読者に次のステップを踏む動機を与えています。

このようになりました。Claudeの叙情的な点は残しつつ、ChatGPTの段階的なプロセス内容が入った記事になっていると思います。ちなみに修正した文章の評価はChatGPT基準で総合点数: 9/10となりました!

改善された文章に対する評価を行い、点数をつけます。点数は1から10のスケールで、10が最も高い評価を意味します。

### 改善された文章の評価:

- **タイトル**: 明確で具体的なタイトルは、特定の状況に対処しようとする読者の関心を引きます。このタイトルは、読者が記事から何を期待できるかをすぐに理解できるようにします。**点数: 9/10**

- **導入部**: 読者に共感を呼ぶストーリーテリングのアプローチを採用し、関心を引くことに成功しています。また、問題に直面している他の読者に対しても親しみやすく、参考になる内容です。**点数: 9/10**

- **構造と読みやすさ**: 段階的な説明は非常に簡潔で、読みやすいです。技術的な内容が適切に簡略化されており、幅広い読者に理解しやすいように配慮されています。**点数: 9/10**

- **技術的な詳細**: 必要な情報がわかりやすく提供されています。具体的な手順は追跡しやすく、実践的なアドバイスが含まれています。**点数: 9/10**

- **まとめと行動の促進**: 記事の終わりには、読者が次に何をすべきかについての明確なガイダンスがあります。また、メリットが再度強調されており、読者が提案されたアクションを取るように励まされています。**点数: 9/10**

### 総合点数: 9/10

改善された文章は、AとBの文章の良い点を上手く組み合わせ、よりわかりやすく、読みやすい内容になっています。情報が簡潔にまとめられており、技術的な詳細も適切に提供されています。また、個人的な体験を基にした説明が読者の共感を呼び、実際の行動に移すためのモチベーションを与えています。全体として、非常にバランスが取れており、多くの読者にとって役立つ内容です。

A.ChatGPTの文章、B.Claudeの文章、C.ChatGPT+Claudeの文章、好みはあると思います。読んでいるあなたはどの文章が好みでしたか?

手順⑤最終的な文章修正

さて、最終的には人間の修正が必要です。AIによる文章修正は重複を省くことが得意ですが、ブログのようなWebで読む文章は多少冗長でもわかりやすい記事が好まれます。また、画像挿入もありますので、文章の構成が変化することもあります。それに伴い、直したのは以下の記事。

Search Consoleのプロパティタイプ「ドメイン」で登録。Xserver+ムームードメインの場合

若干冗長な箇所はありますが、元のAI記事より、読みやすくなっているのではないかと思います。

新時代の文章執筆方法

さて、これは一例でした。このようなAIの合議制を使えば、人間とAIの二重チェックが入りますので、ハルシネーションも防ぎやすいのではと思います。ChatGPTとClaudeはそれぞれ良さがありますので、両者の良いとこ取りをしたいと思って本記事を書きました。

④をChatGPTに担当させましたが、Claudeのほうが良かった可能性もあります。また、今回はClaudeは無料版を使用。そもそもClaudeの有料版を使用すれば、ChatGPTは不要かもしれません。皆様の実験報告も見てみたいので、ぜひいろいろ試してください!良きAIライフを〜〜!

赤沼俊幸の最新情報