#AKANUMA

赤沼俊幸の活動紹介サイト

【情報募集】あなたはびっくりドンキーのびっくりイラスト・びっくり心理テストを知ってますか?(※12月8日追記あり)

871 views
約 4 分

※この記事はびっくりドンキー Advent Calendar 2017 12月3日の記事です。

数年前の夢のような出来事

これは数年前の話。記憶と出来事が非常に曖昧なので、もしかしたら、全てが夢なのかもしれません。夢のような出来事です。しかし、写真が残っているので、おそらく夢ではないはず。

そんなびっくりドンキーの夢のような話を書きたいと思います。この話を周りの人にしても「???」だったので、このアドベントカレンダーを機会に、全国5千万人のびっくりドンキーファンに届いたら嬉しいと思います。

(※注意 ここからの話は全ての記憶が曖昧です。間違っていることもあるかもしれません。どうぞ突っ込んでください…!詳しいことを知っている方がいましたら、教えてください)

写真ファイルの作成日付を見ると、2012年の話。ただ、これは写真をコピーしたときの日付かもしれず、この出来事はもしかしたら、もっと前かもしれません。

豊水すすきのびっくりドンキー氷雪の門店

あれは確か、豊水すすきのにあるびっくりドンキー氷雪の門店です。びっくりドンキー氷雪の門店は僕が一番好きなびっくりドンキーです。

この店は豊水すすきの駅エリア近く、いわゆる、すすきのエリアにあり、浅い夜の時間に行くと、出勤前のホストやお姉さんたちの日常会話を聞くことができるという非常に稀有な場所。騒ぐホストや、営業に勤しむお姉さんたちを見れるという一般的な世界と、夜の異世界を繋ぐトンネルのような店です。

その日、席に着くと、テーブルにはいつもは見慣れない何かがあります。見慣れない何かはメニューではありません。メニューは木で立てるものというのは、びっくりドンキーファンの間では常識ですね。

私は「赤沼俊幸の写真都市」という写真スライドショーイベントを主催しているのですが、街中にある奇特な風景が好きで、このイラストも思わず写真を撮りました。

謎イラストが書かれた写真

それがこの写真。

士月号

びっくりドンキーの謎イラスト。士月号南瓜の表紙
店内の照明と重なり、全体的に画質が悪いのをご容赦ください

士月号? 士月号…なんだ?しがつごう? 南瓜…? ああ、これはカボチャか。A、B、C、D?え?何がA、B、C、D?

AとBはカボチャっぽいけど、Cは何?レモン? Dは…?人間? でも頭から何か生えているし…顔でかい…1.5等身…。

謎が深まるばかり。

裏もあります。裏も見てみましょう。

びっくりドンキーの謎イラスト。士月号南瓜

「心理テストなどに使うイラストを募集中です。今回のお題は今年も被害の多かったです」

被害の多かった熊をネタにしているブラックさ…。あ、これは心理テストだったんだ。熊?カボチャだけど…そっか、熊は来月号かな?

「上手、下手にかかわらずどんどん描いてくださ〜い!」

あ、これは募集してるんだ。いやでも、4体ともタッチが同じような…。

(中略)

「今回はそれにちなんで選んだカボチャからあなたの悪戯指数を測ります」

心理テストがいつのまにか実施されている…。というか、あのABCDを見て、選ぶ人がいるんだろうか。選んでください、とも書いていないし…。

「A.無難な(?)カボチャ・・・悪戯指数20。絵は下手ですが、常識人です。節度もありそのイタズラは法的範疇」

絵が下手な自覚はあるんですね。。。

Bは読めないですね…写真写りが悪くてすみません。

「C.新種のかぼty・・・てか檸檬・・悪戯指数100。お客様、困ります・・・こんな南瓜持ち込まれましても・・・やりすぎでしょ、シュールだしw 個人的には好きなんですが^^」

「D.・・・・もはや南瓜との関連性が見いだせません、すみませんこちらの実力不足です><・・・悪戯指数不明」

たくさんのツッコミどころがあるのですが。。。まず4択でカボチャ以外が2個もあるのが不明ですし、Cはやっぱりレモンじゃん…と思いつつ、持ち込まれたお客様は誰?あなたが話しているのは誰? Dは本当にカボチャとの関連性が見いだせない…でも選んだのはあなたでしょ…?

というか、あなたは誰…? この紙の編集者は誰…? イラストを書いた人は誰…? あなたは誰…?

ここはどこ…びっくりドンキー氷雪の門店だ…!

ふと見上げてみると、平然と働くびっくりドンキースタッフ。いつもと変わらないホストたちと、夜のお姉さん。他のテーブルにもこの紙はあるんだろうか…? 周りを見渡します。

ある。あるのに、みんな不思議がっていない?これに不思議がっているのは僕だけ? 異世界のトンネルで戸惑っているのは僕だけ?

そんな軽く目眩をしながら、店を後にして、札幌の寒風に当たります。寒い。これが夢じゃなかったことに気づきます。

四月号

また別日にびっくりドンキーに行きます。また、あります。

びっくりドンキーの謎イラスト。四月号の表紙

「問題、満開の花見会場に現れた『自称』桜の妖精は次のうちどれでしょう?直感で!!」

問題がなかなかキテますね。。。自称、桜の妖精…。とはいえ、前回よりは、ちゃんと心理テストの質問文が書いているという改善点があります。イラストの作者も書いています。一人で全部書いたわけではなさそうですね(きっと)。

ぜひ、この記事を見ているあなたもやってみましょう! 選びましたか?

びっくりドンキーの謎イラスト。四月号
「イラストかかないか?」の絵が懐かしい

宴会部長度を計る心理テストでした。あなたの宴会部長度はいかかでしたか?

というか、イラストを募集して、そのイラストから逆に心理テストを作ってるじゃん…あなたは誰?

GW号

最後の1枚です。

びっくりドンキーの謎イラストGW号表紙

四月号に予告があったように、鯉のぼりのイラストが掲載されています。ちゃんと募集して集まっているんですね。いや、イラストはどこに応募すればいいの?宛先が書いていない…。きっとお店のどこから宛先があったのでしょう。僕が見つけられなかっただけです。

「空を雄大に泳ぐ鯉のぼり〜あなたの見た鯉のぼりは次のうちどれ?」

さあ、選びましょう。結果はこちら↓↓↓

びっくりドンキーの謎イラストGW号
なぜかあるカニのイラスト

さあ、あなたの「五月病進行度」が計られました。

私のハードディスクに残っている写真は以上です。

情報募集。これは何?

そのときの記憶を思い出します。確か、あのとき、勇気を振り絞って店員さんに聞きました。

「すみません…この心理テストってなんなんですか?」

店員さんは僕と目を合わせず、ははは、と苦笑して去っていきました。

聞こえていないのかな?と思って、確か、もう一度別の人に聞きました。

「すみません…この心理テストってなんなんですか?」

「これ…なんなんでしょうね?」

逆に聞かれた…わかるわけないじゃん…。このとき悟ります。これは聞いちゃいけないやつだ…。

またしばらくして、びっくりドンキー氷雪の門店に行くと、もうこの謎イラストと、心理テストはありません。もちろん、他の店舗でも見ることはありません。あれはなんだったんでしょうか? 

友人にたまにこの写真を見せるのですが、「見たことない?」「なにこれ?」という反応ばかり、全てが夢だったのかと思いますが、確かに私のハードディスクには写真データがあるので、夢ではなさそうです。

今回、びっくりドンキー Advent Calendar 2017があるということで、全国のびっくりドンキーファンがこの記事を見ていただけていると思うので、教えてください。

・この謎イラスト・謎心理テストはびっくりドンキー氷雪の門店だけだったのか?

・本当にイラストを募集していたのか?全て、ペイントで書いたような線…

・この謎イラスト・謎心理テストがあったのはいつからいつまでの範囲か?

・この謎イラスト・謎心理テストの他バージョンを持っている人はいませんか?

・この謎イラスト・謎心理テストの作者は誰?どういう意図でやっていたのか…?

これを知りたい…情報はこのブログのコメント欄でも、@toshiyuki83 宛でも、メールでも構いません。何でも情報お待ちしています。

おまけ

パソコン内のびっくりドンキーの写真を見返していたら、こんな写真も見つかりました。何度も書いているのが個人的なツボです。

びっくりドンキー美香保店。2014年1月18日撮影
びっくりドンキー美香保店。2014年1月18日撮影

びっくりドンキー Advent Calendar 2017はまだ空きがあるようです!びっくりドンキーファンの方はぜひご参加ください!

びっくりドンキーの偉い方に聞いてみた(追記 2017年12月8日)

第9回北海道の楽しい100人vol.2」の懇親会で、びっくりドンキーを運営している株式会社アレフ 常務取締役の庄司開作さんとお話できる機会をいただきまして、この記事を見せました。

(赤沼)「このイラスト知っていますか?」
(庄司さん)「知らないなぁ…」
(赤沼)「氷雪の門店は直営なのでしょうか?FCでしょうか?(イベントで直営とFCの話があったため)」
(庄司さん)「直営ですね」
(赤沼)「氷雪の門店だけの独自でこういうことをやっているんですかね?」
(庄司さん)「基本的には店独自のものは禁止しているんですよ」

(この後、店独自の施策を禁止する理由を丁寧に教えていただきました。庄司開作さん、本当にありがとうございます)

ということで、

①中の偉い人も知らない(とはいえ、n=1ですが…)
②おそらく氷雪の門店だけと思われる(全店であれば覚えているはず)
③店独自の施策は禁止しているのにあるのは店長の独断?

というようなことがわかりました。もしかすると、店独自の施策は禁止しているが、当時は禁止じゃなかったのかもしれません。(当時が何年かわかりませんが…)

引き続き、情報募集しています…。

執筆者

赤沼俊幸

札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83


コメント

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

SNS