#AKANUMA

赤沼俊幸の活動紹介サイト

天売島海鳥情報センター「海の宇宙館」

65 views
約 2 分

自転車で天売島一周サイクリング」後、風雨で冷えた身体を温めるために、天売島海鳥情報センター「海の宇宙館」に入りました。

天売島海鳥情報センター「海の宇宙館」

休みだった番屋

本当は「番屋」という食堂に入りたかったのですが、時間がまだ11時ということもあり、「海の宇宙館」に入りました。12時頃に行こうと思っていました。しかし、「海の宇宙館」の方に確認すると、「番屋」は休みでした。その日、4月28日だけが休みだったのか、4月末が休みだったのかはわからないので、あらかじめ確認しておくのが良いようです。

番屋

天売島海鳥情報センター「海の宇宙館」

天売島海鳥情報センター「海の宇宙館」は天売島にいる海鳥や四季の風景を写真パネルで展示しているところです。

ただ写真を展示しているだけの写真館ではなく、飲み物を頼むことができます。紅茶ラテを頼みました。

「海の宇宙館」の紅茶ラテ

写真見ながら、ストーブに張り付いて暖を取り、30分ぐらい経過した後、「サービスですので・・・」と珈琲をいただきました!

「海の宇宙館」の珈琲

冷えた身体に珈琲のサービスをありがたかったです。民宿栄丸でもピザのサービスをいただいたように天売島ではことある毎にサービスをしていただきます。天売島でのホスピタリティなのでしょうか。次記事で書く「てうり食堂」という食堂でも・・・

この記事は

この記事は2013年4月27日、28日、29日に手売島・焼尻島に旅行後、ブログを立ち上げた「手売島・焼尻島・羽幌町旅行記」を#AKANUMAに移転した記事です。文章中随所に出てくる「寒い」という記述は天売島に4月末に行ってしまったからです。実際は6月以降に旅行するのがおすすめの季節のようです。他記事は天売島カテゴリをよりご覧ください。

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

SNS