#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

さくらインターネットのお中元・お歳暮が毎年凝りすぎててすごい(2018年お中元追加)

4428 views
約 6 分

さくらインターネット株式会社さん(以下、さくらインターネット)からの仕事を少ししていまして、例を上げると、さくらインターネットのさくらのナレッジにて下記の記事を書きました。

私のようなこんな小さい個人事業主にも丁寧にお歳暮、お中元をくださります。ありがとうございます。

ふと、Twitterの過去ログを見直してみると、お歳暮をいただく度にTwitterやInstagramにアップしていることに気づきました。まとめる価値があるかと思い、まとめてみます。

さくらインターネットファンの方はこれを元にさくらインターネットの歴史を振り返ってください!お歳暮を送る担当者でネタに困る方には何かの参考になれば幸いです。

本来はお歳暮のお返しするべきだと思うのですが、返せていないので、せめてこうして、「さくらインターネットのお歳暮が毎年凝りすぎててすごい」として、凝りすぎのお歳暮を記事形式で紹介します。

2018年7月12日 2018年のお歳暮追加

2015年 お歳暮

箱は石狩データセンター(※)を模したもの、中に入っているクッキーには「サーバ」「メモリ」「ストレージ」と文字が書いていました。クッキーにカタカナの文字はちょっとシュール感あります。 (※石狩サーバーセンターと書いてますが、正しくは石狩データセンター)

2016年 お歳暮

箱がサーバーラックでカッコイイ!中身は忘れてしまいました…。この年にさくらインターネット20周年だったようです。

2017年 お中元

これはお中元で、生協で配布するような紙の卵ケースのような箱です。中身はプラスチックの卵になっていて、空けると、確か中はグミだったと思います。

2017年 お歳暮

さあ、2017年です。

御歳暮と書かれたほぼ正方形の箱が届きました。
御歳暮と書かれたほぼ正方形の箱が届きました。
開けると、エアーキャップに包まれた本体。
開けると、エアーキャップに包まれた本体。
14面体(?)の箱が入っていました
14面体(?)の箱が入っていました
裏はこのようになっています
裏はこのようになっています
拝啓…から始まるメッセージと、なんと筆ペンが同封!
拝啓…から始まるメッセージと、なんと筆ペンが同封!
眼を入れてみました
眼を入れてみました
中身はチョコ!ひとつひとつに運勢が書いています
中身はチョコ!ひとつひとつに運勢が書いています

今も1日1個ずつ美味しくチョコをいただいています。

2018年 お中元

2018年さくらインターネットお中元ダンボール

今年もいただきました。宛名の「さくらインターネット株式会社」があるダンボールが届くと、にやけてしまうようになりました。

2018年さくらインターネットお中元 MILK SAKURA INTERNET

今年はミルク仕様!田中社長が牛になっています。北海道をメインとした絵柄は北海道の私にとっては嬉しい!

2018年さくらインターネットお中元 MILK SAKURA INTERNET開封

開けると、、、、瓶?

2018年さくらインターネットお中元 MILK SAKURA INTERNET開ける

瓶と袋詰のお菓子があります!

2018年さくらインターネットお中元 MILK SAKURA INTERNET中身はウエハースチョコ

中身はウエハースチョコでした!美味しい! 今回もありがとうございます!

まとめなど

書いていて、今思い出したのですが、福引ボックスのような大きい箱をいただいたこともありました。中には大吉・中吉・小吉などと、チョコが入っていました。それも凝っていましたね…。それは写真に残っていませんでした…すみません。

あらためて見直してみても、やっぱりさくらインターネットのお歳暮は凝りすぎてすごいと思います。予算をいくら使っているのでしょうか。最初はこういうお歳暮のフォーマットがあって、データを入れているだけかと思ったのですが、毎年違う形や、さくらインターネットにフィットしすぎる内容を見ると、これはオリジナルで企画して作っているんですよね、きっと…。

毎年、高いハードルを越える企画担当者さんもすごいと思いますし、ここにこれだけの予算をかけているさくらインターネットさんの心意気もすごい。私のような小さい個人事業主にも送っているということは取引先も多いでしょうし、相当数を送っているでしょう。かなりの予算規模だと思いました。

毎年毎年驚かせれ、箱を開けるのがいつも楽しみなさくらインターネットのお歳暮でした。いただける限り、毎年、更新していこうと思います。

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント

SNS