#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

銀座でフレンドリーなインド人に囲まれてカレーを食べたい時はナイルレストランのムルギーランチへ

views
約3分

店内に入るとすぐに「ムルギーランチ?」と聞かれる。席に座る前に。GoogleMapsの口コミで予習済みの僕は「はい!」と答える。

ナイルレストラン

この店のランチは基本、ムルギーランチのよう。おそらく他のメニューもあるようだが、GoogleMapsのクチコミによると、ムルギーランチを食べておけば良いらしい。他の客にも座ったらすぐに「ムルギーランチでいいね?」と聞いていた。中には「ムルギーランチ、大盛でいい?」と聞いた客もいて、常連客なんだろうか、と思った。

店内は4人席が5、2人席が2ぐらい。二階もあるようだ。

すぐにカレーが出てくる。体感は5分。

カレー、黄色いご飯、骨つき鳥、キャベツ、すりつぶしたじゃがいも、グリーンピース。キャベツとじゃがいもが珍しい。

ムルギーランチ

「オマタセシマシタ」カレーがテーブルに置かれる。

すぐさま、店員さんがナイフとフォークを取り出す。何をするのか?店員さんは軽やかな手つきで、骨つき鳥から、ナイフとフォークを使って、骨を外す。卓越した書道家が墨をするように軽やかに。

骨は下げられる。なるほど、骨から肉を取る手間がないのだな。

まずは肉を食べる。柔らかい。よく煮込んであるのだろう。次にカレーを食べる。普通よりやや辛いと思う。そして黄色いご飯を食べる。そうすると、どこからともなく声が聴こえる。

「マゼタホウガイイヨ」

僕は顔を上げる。「ムルギーランチ?」と聞いた店員さんだ。カタカナ語で聴こえた言葉はよくわからなかったが、

「ホラ、アノムカイノオキャクサンノヨウニ」

と言われてわかった。カレーとご飯を混ぜるのだ。顔を上げ、向かいのお客さんのカレーを見ると、確かにカレーとご飯を混ぜて食べてた。

「マゼタホウガオイシイヨ」

「わかりました」僕は言った。

「ゴメンネ、ヨケイナオセワデ」

「いえいえ」と僕は言った。「ありがとうございます」

軽やかな定員さんが定期的に席に来る。水をずっと注ぎに来ているのだ。10%しか減ってないグラスに20%の水を注ぐので、110%になる。来た時より増えてるじゃん。

ムルギーランチは1500円。「ランチ」とつくからドリンクやサラダなどあるかなと思ったが、それはなかった。しかし、それはしょうがない。

このお店は店員さんがお客さんによく話しかける。きっと常連なのだろう。フレンドリーなインド人と触れ合える店だ。僕がいた時は客が店員さんに携帯の機種選びの相談をしていた。なぜ…

銀座では有名なカレー屋らしい。フレンドリーなインド人に囲まれてカレーを食べたい時はぜひナイルレストランへ。

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note