#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

クラムボンのトリビュートアルバム「Why not Clammbon!?」を聴いて

84 views
約 3 分

音楽を聴かないといけない使命感

前の記事に書いたように今は家で仕事している時はおおむね、ラジオを聴いています。

ただやはり、継続して音楽を聴かなければいけないという謎の使命感の元、少しずつCDをレンタルしてはいろんなアルバムを聴いています。

今日聴いたのは、クラムボンのトリビュート『Why not Clammbon!?』

クラムボン結成20周年記念 トリビュートアルバム『Why not Clammbon!?』
V.A.
日本コロムビア (2014-12-03)
売り上げランキング: 124,525

トリビュートアルバムはハズレが多い

そもそもトリビュートのアルバムはすごく難しい。率直に書くと、ハズレが多い。

各ミュージシャンが個性を出そうとしつつ、原曲の良さを尊重しなければいけない。原曲のファンであるからこそ、トリビュートアルバムを聴いているわけです。カバーしているミュージシャンのファンであるという可能性は低く、原曲を作ったミュージシャン(この場合はクラムボン)のファンを満足させる音楽でありつつ、トリビュートした良い楽曲を生み出す必要性があるわけです。

たとえば僕が知っている限り評判の悪いトリビュートはエレファントカシマシの最初のトリビュート版。エレファントカシマシの曲は宮本さんが歌っているから良いわけであって、その他の人が歌ってもイマイチ感が強い、ということに改めて気付かされます。唯一良かったのは、石野卓球リミックスの「浮雲男」。石野卓球リミックスの「浮雲男」は宮本さんのボーカルを活かしてリミックスした曲でした。これはやっぱりボーカル宮本さんじゃん、と。

(改めて調べてみると、エレファントカシマシのトリビュート版は他にも出ていて、他は評判の良いアルバムもあります。それらは聴いたことがないので、いつか聴いてみます)

トリビュート・カバーアルバム系は8割ぐらいはハズレですが、たまーに感動する曲があり、その感動する曲を聴くためにはやっぱり数を聴かないといけないな…という気持ちはあるわけです。

良かった曲

良かった曲は青葉市子の「雨」、すごく良かった…。しっとりとした雨感で、青葉市子ともすごく合っています。

最も良かった曲は、小室哲哉の「バイタルサイン ~Tetsuya Komuro Remix~」

僕の思春期は小室哲哉サウンド全盛期。僕は小室哲哉サウンドは嫌いだった人間ですが、この曲は良かった。あの機械音でエモーショナル感が出せるのすごい…。感動しました…。

レビューを見るのが好き

自分の抱いた感想と、答え合わせみたいにAmazonレビュー見るのが好きです。もちろんAmazonレビューに書いてあることは正解ではないので、この行為はあまり良くないのかもしれませんが、安心したい欲求(?)もあって見ます。レビューを見てみると、やはり全体的には評判良くないですね…。でも、小室哲哉リミックスは僕みたいに感動している人がいて、嬉しい…。感性が間違ってないんだなと思えます。

CDからの音源を聴くことをオススメしますが、今すぐ少しでも聴きたい方はこちらのYouTubeからどうぞ。

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント

SNS