#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

おもしろ同人誌バザール8出展レポート。ドジっ子図鑑を東京初販売しました。

おもしろ同人誌バザール8
おもしろ同人誌バザール8

2019年11月3日(日)開催の「おもしろ同人誌バザール8」に「赤沼俊幸の写真都市」として、ドジっ子図鑑などを出展しました。会場は東京・神保町の第1会場 ベルサール神保町。道外初出展!予告記事はこちらの「おもしろ同人誌バザール8@東京 神保町本館に「ドジっ子図鑑」等を出展します!」記事をどうぞ。

なんとイベントは過去最高の1,600人の来場者数だったようです。すごい!


出展の様子

ブースの様子はこちら(出展者に許可を取って撮影する形式だったため、会場全体写真はありません)

「おもしろ同人誌バザール8」に「ドジっ子図鑑」などを出展した様子

ブースにお越しになった皆様、誠にありがとうございました!多くの方は通りすがりにブースをなんとなく覗きます。その中でドジっ子図鑑に興味を持っていただいた方に、本の説明。その後、本を立ち読みしていただき、購入。“表紙が可愛い”と目に止まっていた方が多かったようで、やはり表紙の大事さを知ります。

ドジっ子図鑑
ドジっ子図鑑表紙

中にはブース訪れ、立ち読みをせずに「ドジっ子図鑑をください!楽しみにしていました!」と一直線に購入した方が何人もいたことに驚き。ドジっ子図鑑を目当てにブースに来た方もいたんです。

どうやらTwitterの#おもしろ同人誌バザール のハッシュタグを眺め「欲しい!」と思ってくださったようです。嬉しすぎます…!(やはり表紙の重要さを感じます)

読後の感想はまだまだ全てを拾えているわけではないですが、想像よりもかなり好意的に受け止めてくださった印象。ドジっ子図鑑そのものがこのおもしろ同人誌バザールの客層にもかなりマッチしていたんじゃないかと感じています。

ほぼドジっ子図鑑しか告知していない中、一応持っていた「意味深な絵馬写真集」「元祖の歩き方【北海道編】」「閉店の貼り紙写真集」「完全主観一番店ガイド」「おトイレの思い出」も売れました!説明して興味を持った方に購入していただきました。話せば伝わる!出展して良かった!

購入いただいた方

https://twitter.com/keepstayingmh/status/1191176351773904896

懇親会にて

懇親会で嬉しいことがありました。おもしろ同人誌バザールの懇親会、タモリ倶楽部に二度出演され(いぬくそ看板とジョグ鉄)、僕が憧れている、いぬくそ看板撮影家の坂田さん(@inuo_hun)と同席させていただき、熱く語り合い、さらに記念写真も撮影…!

いぬくそ看板撮影家の坂田さん(@inuo_hun)と記念撮影
いぬくそ看板撮影家の坂田さん(@inuo_hun)と記念撮影

今後ぜひ一緒にやっていきたい話をたくさんさせていただきました…!出展して本当に良かった😭

いぬくそ看板大全 第1版
坂田さんから懇親会で直接購入した「いぬくそ看板大全 第1版」

おまけ・購入した本

おもしろ同人誌バザール8で購入できた本たちを紹介!(出展者だったので、あまり購入できませんでしたが…)

おもしろ同人誌バザール8で購入できた本たち

入手できた最も嬉しかったのは「いぬくそ看板」本を直接購入できたこと(感想は別記事で)。思わず宗教本も入手できました。

ホームセンターてんこ 増刷への道からの道

そして懇親会に向かう途中、話しかけてみた方が、なんと偶然、漫画家のとだ勝之先生…!本(右)は連載が打ち切りになった漫画家のチャレンジ物語。新しいことに挑戦していく様子がテンポ良く描かれて面白い…!そしてものづくりや中国の様子がほんと勉強になる…!

漫画家のとだ勝之先生作のホームセンターてんこ 増刷への道からの道
漫画家のとだ勝之先生作のホームセンターてんこ 増刷への道からの道

明日こそ定時に帰るクマー10

こちらは購入したミジンコきねこさん @m_kineko2 の「明日こそ定時に帰るクマー10」。零細ソーシャルゲーム開発のリアルすぎる現場をまとめた漫画。「こういうことあるあるだよな…」が同じIT業界にいる人間として、わかりすぎ大共感で面白かった…!

明日こそ定時に帰るクマー10
明日こそ定時に帰るクマー10

最後に。率直な感想

ドジっ子図鑑を楽しみにしていた方が何人もいました。泣ける…ドジっ子図鑑をがんばって作って良かった。東京に出展しに行って本当に良かった…

やっぱり東京行ったら、自分のマニアック趣味な人にも会えるし、創作も温かく迎えてくれる人は多いし、チャンスも掴みやすいし「東京で頑張ろう!」と引っ越す人の気持ちはよくわかる。でも僕は札幌でやっていくと決めたから、この気持ちを札幌に持って帰って、より札幌をよくするために頑張ろう!

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note