#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

「北海道の楽しい100人」に登壇してきました

404 views
約 9 分

2018年10月3日(水)に開催した「北海道の楽しい100人 vol.2」に登壇しました。お越しいただきました皆様、楽しい100人のスタッフの皆様、ありがとうございます!

登壇してみて

楽しい100人に登壇する赤沼俊幸
楽しい100人に登壇する赤沼俊幸

イベント終了後、懇親会で声をかけていただいた方からは「おもしろかった」という感想をいただき、登壇して良かったなーと思っています。

個人的に一番嬉しかったのは、懇親会で本が売れたこと…!! なんと21冊!! 全6冊購入者がお二人、「おトイレの思い出」を2冊購入いただいた方もいて、びっくり…!本当にありがとうございます。

懇親会では乾杯の音頭を取らせていただきました
懇親会では乾杯の音頭を取らせていただきました
懇親会にて。写真左から楽しい100人スタッフの長谷川英幸さん、登壇者の荒井さやかさん、赤沼、 河嶋峻さん
懇親会にて。写真左から楽しい100人スタッフの長谷川英幸さん、登壇者の荒井さやかさん、赤沼、 河嶋峻さん

自分が登壇することについて

赤沼俊幸、質疑応答の様子
赤沼俊幸、質疑応答の様子

「北海道の楽しい100人」に初めて参加したのは今の「Vol.2」の前、Vol.1時代の初回。会場はエルプラザではありません。当時、私が所属していた株式会社24-7の代表取締役、田村社長の登壇を応援しに行った時です。

田村社長(※当時)は私の上司であり、社長。さらに他の登壇者も錚々たる方々がいたことから、「北海道の楽しい100人」はすごい人、何かを成し遂げた人が出るイベントというイメージがありました。

私はまだ何かを成し遂げた、という意識がありません。それもあり、登壇の依頼がいただいた時、「いえいえ、私なんぞや…まだ…」という話をしたのですが、「今の赤沼で良いですよ(意訳)」という話をいただき、登壇しました。

初回以降も、北海道の楽しい100人は参加者として何度か参加したことがあります。一部の登壇者は、このイベント以降注目を浴びることを見てきたので、注目度が非常に高いイベントという意識があります。

練習しました

赤沼俊幸質疑応答時
赤沼俊幸質疑応答時

本発表は珍しく何度も練習しました。普段は練習しないんです。練習が大の苦手で…

いつもは30分以上の持ち時間が多く、今回の発表時間の15分に収めるのはだいぶ苦労しました。ただ、削りに削り、当日も時間通り15分になんとか収めることができました。削ったのもあるので、ダイジェスト感や唐突感が多少あったかもです。ただ一番伝えたかったことは削らなかったので、観てくれていた一人だけでも、強烈に心を動かせすことができたなら、僕はもう満足です。

ツイートまとめ

当日の様子と感想、写真付きツイート中心にまとめてみます。全てのツイートを見たい方はTogetterをどうぞ!

発表

質疑応答

感想

話した内容について(動画)

会場からの質問を聞く赤沼俊幸
会場からの質問を聞く赤沼俊幸

動画が公開されましたので、ご覧ください😄

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント

SNS