#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

2020年の北大祭は #エア北大祭 として開催(とunit-Mによるhokudai fmの思い出)

47 views
約 5 分

2020年の北大祭は中止

北大祭日和のような天気。本日、6月5日は北大祭が始まる日でした。ご多分に漏れず、北大祭も中止。今年は何も開催されない予定でしたが、せめて何らかの形で北大祭を実現してほしい。

#エア北大祭 が開催

そう思って行った提案が、#エア北大祭。

なんとこの思いつきが実現。

思いつきを実現してくれた北大祭事務局の方に感謝。今日からは #エア北大祭 が開催されます。

すでにTwitterでは多くの #エア北大祭 タグをつけた投稿が多くあり、ひたひたと嬉しい気持ちが溢れます。

どうして北大祭か

僕は北海道大学生ではありません。どうして北大祭が好きなのか。それは大学生の時に、北大祭に出展者として参加した経験から来ています。

時は2003年頃。札幌大学の2年生だった僕は北海道大学のインカレサークルの放送団体、unit-Mに所属していました。unit-Mのメイン活動の一つは、北大祭への「hokudai fm」の出展。

大学2年~4年の3回、hokudai fmの出展を行いました。母校の札幌大学の大学祭には何も参加しないのに…。

hokudai fmの出展
hokudai fmの出展の様子

サイリウムを光るブレスレットとして販売。けっこう売れました

hokudai fmで行ったことは10時~22時、12時間の生放送。当時は北大祭は4日間あり、約40時間の生放送。北大祭のお店紹介をしたり、リクエスト曲を受け付けていました。当時はMD全盛期で、5,000曲入ったMDを用意して曲を流していました。MD、懐かしいですね。メガドライブではありません。

大量のMD
大量のMD
たくさんのリクエスト曲
たくさんのリクエスト曲
北大祭には色んな出身地の方が来ますね

僕は「卓」と呼ばれるミキサーメインでした。フェーダーと呼ばれるツマミを上下にする仕事です。たまにパーソナリティとして、トークも。当時の北大祭はお酒が飲めた環境だったので、ブースの前で割れたZIMAの瓶が派手に飛び散らかったこともありましたし、酔っぱらいに絡まれることもありました。酔っぱらいに絡まれた時、どう乗り切るかでパーソナリティの腕が試されました。

なぜか最終日に光るブレスレットの収支報告を行う
(なぜか最終日に光るブレスレットの収支報告を行う)

放送団体unit-Mの先輩には面白い人がたくさんいました。魅力的すぎる先輩だらけでした。面白い先輩たちに少しでも近づきたかった。面白い人間になりたかった。喋りでは全然叶わなかった僕は、何か小道具や、準備や企画でなんとかしようとしていました。今もその原体験の延長線上で生きています。はぁ、面白い人間になりたい…。

当時流行っていたフュージョン
当時流行っていたフュージョン
hokudai fmの集合写真(おそらく赤沼が2年生の時)
hokudai fmの集合写真(おそらく赤沼が2年生の時)
hokudai fmの集合写真(おそらく赤沼が4年生の時)
hokudai fmの集合写真(おそらく赤沼が4年生の時)

そんな日々からもう10年以上。もうその団体はありません。hokudai fmを覚えている人も少ないと思います。unit-Mを検索してもネット上にほぼ引っかかりません。

その時の光景や思い出が蘇る北大祭。今年開催されないのは本当に残念ですが、エア北大祭が開催されますので、各自、思い出に浸るのがいいと思います。過去に撮影した動画をこの機会にアップしましたので、ぜひご覧ください。2021年は北大祭の開催を願って!

バンザイ魂

2014年と2016年の北大祭の楡陵祭で目撃した北海道バンザイ魂の記録です。

  • [収録しているバンザイ]
  • 北海道はでっかいどう編
  • 少年よ大志を抱け編
  • 並び編
  • 正しいバンザイ編

1万人の都ぞ弥生+ストーム

北大祭(楡陵祭)のフィナーレは「1万人の都ぞ弥生」。最近の北大祭の一番の楽しみで動画も一部撮影しています。残っている動画をご覧ください。毎年チェックすると、「あ、2017年の時、観た学生が2019年にはこんなに成長してる!」ということを気づくかもしれません。

2017年

2018年

2019年

北海道大学

こちらは番外編。北大祭が開催されるはずの北海道大学のメインストリートを歩いた動画になります。

皆さんの北大祭の思い出もぜひ、 #エア北大祭 をつけて投稿してください!

関連記事

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note