#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

実家で見つけた懐かしいもの2018

502 views
約 6 分

2018年、あけましておめでとうございます。実家に帰った時に毎回、昔のものを大量に捨てる掃除を毎回行っているのですが、その中で懐かしいものが毎回出てきます。本記事ではそれを紹介します。懐かしんでもらえれば嬉しいです。

ラジオなど

STV 0:00の「よしたけの北海道は夢牧場」がいいですね。5、7、5だ…。

大学生の時、FMおたるで番組作っていまして、そのときにもらったタイムテーブルだと思います。またいつかラジオやりたい

ミニFMについて調べていたことがあり、きっと、そのときに取っておいたものです。

音楽編

なんでこれがあるかまったく覚えていません。この歳は自分が20歳ぐらいのはずですが、東京に観光行ったときにもらったのでしょうか……。

「咲イテ」はたくさん聴いていました。感情こもっていて、僕は好きでした。調べてみると、岡北有由は今、ロンドンで活動されているようです。

最初にちゃんと観たライブがエレファントカシマシ。最初に入ったファンクラブがエレファントカシマシ。僕にとってエレファントカシマシというのは特別な存在です。

ステージ少ないですね…懐かしい顔ぶれがたくさん。しかし、この中でも未だに活躍しているバンド多くて、嬉しいです。

うちには大量の8センチシングルが…。どうしようかな。

ゲーム編

パワプロで180キロのストレート、160キロのフォークを投げる選手を作れるプロアクションリプレイ。いろいろ数値を改造できるものです。最近はこういうのないですね…。

超懐かしい!「たけしの戦国風雲児」は桃鉄やドカポン的なゲームです。日本をすごろくしながら、ミニゲームがあります。途中、たけしゲームらしい理不尽な仕打ちも…。たけしゲームは「たけしの挑戦状」が人気ですが、このゲームのほうがワイワイ楽しめるので、僕はこっちのほうが好きです。けいさんゲームも意外に楽しかった思い出が…

その他

B5のクリアホルダーは使いみちが難しい。

見る人が見れば懐かしい基板なはず。

地方公務員と国家公務員が別というのが渋い…。やはり公務員は人気だったんですね。

自作ゲーム…よく自作ゲームを作る癖があります。定期的に作りたくなる。今も作っている途中のゲームがあります。

感想

断捨離が叫ばれている中、僕は物を捨てるのが苦手で取っておくことが多くなっています。でもさすがに使わないのが多いので、実家に帰ったら、どんどん捨てるのですが、昔取っておいた分、こういう懐かしむ気持ちも生まれてくるので、取っておくことも悪いことではありませんね。

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント

SNS