#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

食べログの功罪について考える

110 views
約 3 分

白石区の実家に帰る途中、食べログで評価「3.65」のスープカレー店を発見。3.5でもすごいのに、3.65ってめちゃくちゃすごい。おまけに「百名店 2019」にも選ばれている。こんな店あったんだ。実家にも近く、これは行くしかない。

昼の12時30分に行くと、やはり行列。白石区北郷という田舎で行列は珍しい。「百名店 2019」だもの、並びます。1人で行ったのも幸いし、10分ぐらいで入店。期待に胸が踊り、ベーシックなチキンスープカレーと野菜トッピングを注文。

スープカレー

食べる。……あれ…そこまで美味しくない…。スープカレーなので、もちろん美味しいけど、3.65の味ではない…。個人的には3.1ぐらいか…。麺つゆが入っているようなスープカレーに感じる。醤油かな?少ししょっぱい。

うーん。。。どうしてこうなってしまったんだろう。以前は3.65の味だったんだろうか。料理長が変わってしまったのか、変わってしまった味に店員も文句は言えないのだろうか。そもそも店員は味見をしていないのだろうか。

味はもう変わってしまったけど、行列&食べログ3.65という評価に先入観があり、食べた人は「美味しい」と感じているのだろうか。かつて、3.65という評価を上げた常連はもうお店には通っていないのだろうか。人々は食べログで3.65という点数を見ると、「美味しい」と感じてしまうものなのだろうか。これは食べログの功罪ではないだろうか。

それとも、白石区北郷の人にはこのスープカレーが美味しく感じるのだろうか。僕はスープカレーに詳しいわけではないが、この店が3.65というのはおかしいと思う。白石区北郷の人たちよ、もっと美味しいスープカレーを食べてほしい(僕も白石区北郷生まれですが…)。

または僕の舌だけおかしいのだろうか。中央区住みと、白石区北郷住みでこんなにも味覚が違うのだろうか…。

いろんな想いがグルグルし続け、実家に着いた後、弟に聞いてみた。

「家に来る途中に、スープカレーの◯◯という店行ったよ」すると、弟は間髪入れずに、こう言った。

「あそこ、美味しいよね」

……僕が間違っていたみたいです…。

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note