#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

制限時間のない脱出ゲームも良かったと思った話

107 views
約 2 分

脱出ゲームには制限時間がある

世の中にある脱出ゲームは制限時間があるケースがほとんどでしょう。チームで行う脱出ゲームは制限時間があるため、各課題をチームメンバーに振り分けます。「Aの問題は私が行うので、Bの問題はあなたにお願いします」「Cの問題の材料集めは観察力に優れていそうな貴方にお願いします」etc…

制限時間のない脱出ゲームをプレイした

ただ先日、制限時間のない脱出ゲームを行いました。最初の時間も、終わった時間の記録もなし。今日中に解けなかったら、明日に繰り越してもいいわけです。

最初は特に何も感じなかったのですが、この制限時間なしの脱出ゲームに参加して思ったのは、問題を解く喜びをみんな共通に味わえるということ。

脱出ゲームの本質的な目的とは?

脱出ゲームはクリアして脱出するのが目的。表面上はそうなのですが、本質的な目的は「問題を解いた快感を得ること」だと僕は思います。例えば、2人で行う時間制限のある脱出ゲームは、平等に分配されれば、理屈としては1/2の問題しか解くことができません。これでは解いた快感が半分になってしまう。

ただ、時間制限のない脱出ゲームは、自分が解いた問題があったとして、もう一人が解いてない問題があれば、もう一人の解答を待つことができます。どうしても解けなかったら、ヒントを与えることもできます。こうして行えば、すべての問題を解くことができます。

問題を解く快感を味わいたい方には制限時間なしの脱出ゲーム

もちろん、制限時間は運営上の問題や、時間に追われるスリルや快感という側面があるため、一概に「制限時間なしが良い」とは言えないまでも、問題を解く快感を味わいたい方には制限時間なしの脱出ゲームが良いな、と思いました。

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note