#AKANUMA

赤沼俊幸の活動紹介サイト

【論】フェスに必ず参加できる仕事環境作り論

564 views
約 4 分

Twitterでの反響(RT数)が大きかったので、少し文章修正してブログにも残しておきます。

通し券のチケットが売り切れる

7月17日(月・祝)の夜、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO(以下、RSR)の通し券が売り切れた」という話がTwitterで流れました。ローソン取り扱いの通し券が売り切れただけで、実は他では買える可能性はありますが、よくわかっていません(7月19日現在の話)。

一部の方がTwitterで譲ってくれること、転売を求めています。大変です。

でも、そもそもRSRのチケット、先行が始まる2月に予約で買えばいいんです!

「お金がない?」お金たくさんもらえるところに転職しましょう!

「休み取れるかわからない?」休み取れるところに転職しましょう!

なんのために仕事してるんですか!RSRに行くために仕事してるんでしょう!!! RSRのために転職!!!

「そんな会社ない!」というあなたは、フリーランスになりましょう! 全部できないあなたはRSR行く前に仕事を頑張りましょうね!

(と書きつつも、RSRのチケットを2月に買わされるのは信仰心が試されているとは感じますね…)

赤沼の場合

僕はRSRやJOIN ALIVEのようなライブフェスを一年で最も楽しみに仕事を頑張っています。フェスに参加するために、仕事を頑張っているので、仕事のためにフェスに行けない、ということは考えられません。仕事よりフェスを優先したいと思っています。

転職は3回しましたが、面接の時に「8月のこの金曜日(RSRの1日目)は休みたいと思っていますが、大丈夫でしょうか?」と必ず聞きます。冬にこの質問はするときもあるので、そのときは苦笑されながらも「1日ぐらいは全然大丈夫ですよ」という返答をいただけます。土日は休みの仕事をしているので、これで大丈夫です。

または2年目以降は2月ぐらいから、会社の人も上司の人も見ているFacebookで「今年のRSRは◯日〜◯日です。今から楽しみ!」と頻繁に投稿したり、上司との会話にもさりげなく、「今から、夏のフェスが本当楽しみなんですよー!」ということを盛り込みましょう。これだけ言われて、フェスの日に仕事しろ、と言える上司はなかなかいないでしょう。

(幸い言われたことはなかったのですが、もし言われていたら、辞めていたと思います)

この方法で、僕はRSRなどフェスには確実に参加することができていました。「絶対、フェスに参加するんだ」という強い心を持ちましょう。もし、会社や上司に「ダメだ」と言われたら、「辞めます」と言えて転職できるぐらい、自分の技術を磨きましょう。「自分はどこでもやっていけるんだ」という技術と強い心があれば、フェスに必ず参加することができます。

皆さんもフェスをおおいに楽しみましょうー!

反響の大きかった一連のツイート

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

SNS