#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

「生きている」を実感できる幸せなことはなんだろう?「伊集院光とらじおと」ゲスト前田哲さんの話を聴いて。 #ij954

191 views
約 2 分

毎朝聴いているラジオ、12月25日の伊集院光とらじおとのゲストは『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の監督、前田哲さん。

生放送のインタビューで語られた興味深い話。

前田哲「僕は映画を作ってることが喜びなので、観客に映画を届けたいし、映画を作っている時が生きていることを実感できるんですよ。ずっーと映画を撮ってて、ずっーと映画を編集していたいんですよ。ご飯食べて、ずっーと編集室にして、ずっーと撮影現場にいても平気というか、そのほうが幸せなんですよ

伊集院光「オフの日は……?」

前田哲「オフはどうしたらいいかわからないんですよ。映画の企画を考えるため、本は読みますけど、手持ち無沙汰になっちゃいますよ(笑)」

生きていることが実感できて、幸せを感じる映画作り。「こういう人には敵わない」僕はこの話を聞いて圧倒されました。

もちろん僕は、映画撮影で勝負しようとは思っていないのですが、「好き」とはこういうものだ、と言うことが端的に出ている話だと思います。

寝る時間以外はずっと没頭できて、生きている幸せを感じる。それが好きな力。

自分がしていることの前に、こういう人が現れたら敵わない。本当の「好き」の前には敵わない。

自分が生きていることを実感できて、幸せなことはなんだろう?

あなたが生きていることを実感できて、幸せなことはなんですか?

(聴きたい方は↓より年内は聴けます。ただし、首都圏以外はradikoプレミアム入っている方)
伊集院光とらじおと(2) | TBSラジオ | 2018/12/25/火 10:00-11:00

関連記事

「伊集院光とらじおと」とラジコプレミアムと里見洋と一番星の『長崎は今日も雨だった』と #ij954

「赤沼俊幸の写真都市」本販売中!! 異常な都市写真のコレクション披露と街についての独自考察を文章で語る「赤沼俊幸の写真都市」のnote版  赤沼俊幸 短編小説集note