#AKANUMA

赤沼俊幸の活動紹介サイト

カニさん(@Macaronicc)と過ごしたRSR2017

1255 views
約 11 分

今年はチケットを余らせ、書類選考を行ったカニさんですが、ライジングサンの会場で無事に会うことができました。その成果を「カニさんと過ごしたRSR2017」として、カニさんファンのために、カニさんのRSR準備から当日までに渡る記事をお届けします。

「カニさんって誰?」「チケットを余らせてって何?」「書類選考って何?」という方は以下の記事をご覧ください。

逆にチケットが余ったカニさんが通し券2枚の譲り先を募集する書類選考を開始 #RSR17

RSRに行くまでのカニさん


大丈夫です、ありました。

早速ビールを飲むカニさん

またビール。

いやいや、チケットなくて、去年大変なことになったじゃないですか。

(【RSR2016前編】空港でライジングサンのチケットがないことに気づいた可哀想なカニさん(@Macaronicc)を救ってください!!)

テントの中のカニさん

荷物に鍋が入っているカニさん

テント内での調理を大事にしているカニさん


レトルトカレーを食べるためにわざわざ鍋を持ってきたんですか?

ライブとカニさん


B’zしか見ない予定のカニさん。


大丈夫です、他もちゃんと見ています。

きのこ帝国を見るカニさん

嘆くカニさん

クリオネエリアとカニさん

え、クリオネ!?!?

2日目…

そうです。2日目は大変な雨により、泥んこになりました。

テントが泥沼化し、クリオネエリアを後悔するカニさん

クリオネエリアの中でも特に浸水するカニさんのテントエリア

やけっぱちになり、ひたすらビールを飲む。

あの鍋はラーメン作りにも役に立ちました。

ちなみに去年もラーメン作っています(去年のツイート)。

カニさんのテント訪問(1度目)

2日目の15時頃、@miyumanbouさん他数名と予定が合ったので、カニさんのテントを訪問することにしました。

しかし、カニさんと連絡が取れません。カニさんは突如、携帯の充電がなくなったり、酔って爆睡する癖があります。テントにいればカニさんに会えるかもと思い、とりあえずカニさんのテントを探し、直撃してみようと考えました。

クリオネエリアに行ってみると、浸水具合が他のエリアと比べて、段違いにひどいのです…。。。

泥というより、ほとんどの池のクリオネエリア
泥というより、ほとんどの池のクリオネエリア
テントに向かって池が広がる
テントに向かって池が広がる
土手を作っているテントもありました。文明…
土手を作っているテントもありました。文明…

クリオネエリアを探していると、見覚えのある旗が!これがカニさんのテントのはずです。来年以降探す方はこの旗を目印にしてください。

カニさんのテントらしきところ
カニさんのテントらしきところ

カニさんのテントを見つけたところでカニさんから連絡が!

「いま、サッポロビールブースにいます」

またもやビール。。。私が「サッポロビールブース行きますね」と伝えたところ、

「ローソンで買い物したら戻ります」との連絡が。ということでカニさんのテントエリア前で待ちます。

「いまザンギ買っています!」という謎の報告後、カニさん登場!

カニさんはサッポロビールのブースが熱い、という話をひとしきりした後、クリオネエリアにした理由、クリオネエリアを後悔している話、会場に来るまでの珍道中をスラスラっと話し、僕たちを爆笑させてくれました。Twitterが面白いカニさんがトークでも面白いとは…!!!ライジングサンのカニさんはキレッキレでした!

カニさんのテント訪問(2度目)

カニさんの訪問に満足し、ZAZEN BOYSのライブを観ようとしていると、@cotora_designさんから「私もカニさんに会いたい」との連絡があり、ライブ後に再び訪問!

相変わらず、かめやを推すカニさん

他にもカニさんにお会いした方

大人気のカニさん!

さようなら、カニさん、また来年

またビール飲んでるカニさん

カニさん、今年も僕たちを楽しませてくれて、ありがとうございます! 来年はカニさん、何をしてくれるか楽しみですね!

カニさんにとってライジングサンとは

カニさんまとめ記事

人気記事

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

SNS