#AKANUMA

自己紹介、活動紹介、個人的備忘録、ブログなどの統合サイト

ライジングサンロックフェスティバル2018(RSR)のレポート #RSR18

431 views
約 16 分

RSRと赤沼俊幸

いきなりのまとめ

今年も行ってきましたRISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO。おめでたいRISING SUN20周年。たぶん僕は15回目ぐらいの参加です。

今年も去年に引き続き、雨と戦いながらのライジングサンでした。経験値は高いので、対処の仕方は知っているものの体力の消費と、諦めざるを得ないライブが…特にレキシは久しぶりの時間拡大版だったので、楽しみにしつつも諦めました。

雨と泥のRSR
雨と泥のRSR

ベストアクトはクラムボン。ライジング仕様の古くからのファンには溜まらないセトリと素晴らしいパフォーマンスで心をぐっと掴まれました…。演奏技術はもちろん素晴らしいのですが、ミトさんのベースでスピーカーを叩きつける表現…。あんなクラムボンを久しぶりに観ました。

バスで会場へ

車を持たないので、バスで会場へテントエリアの場所にはこだわりがないので、できるだけ待たずに体力を温存して、早めに入れる時間を模索しています。今年は待ち時間が少なく、良い感じでした。

  • 10時:麻布駅 列がほぼない
  • 10時20分:バス乗車
  • 11時:会場到着。列がなく、すぐ入場
20周年のポスターが飾られている
20周年のポスターが飾られている

HAPPINESSエリアのギュウニュウエリア

ライジングサンは泊まりで行くのですが、だいぶ以前はフォレストエリア。最近はヘブンズエリアテントを取っていました。今回もヘブンズエリアに抽選を申込みましたが、最初は抽選漏れ。初めての抽選漏れにビビり、二回目はフォレストで申込。それもまた抽選漏れ。

かなりビビったので一番人気がないと思われるHAPPINESSエリアのレッドスターに近いギュウニュウにエリアに陣取ります。

入場し、ギュウニュウエリアのチケット列引き換えに並んだのですが、かなり待ちました。隣のソフトクリームはガラガラ。ギュウニュウはエリアが広いようで、それで並んでいたのかもしれません…。

スーパーカーも流れていました。誰の選曲なんだろ…じーん。。。

1日目は直江兼続の愛Tシャツでした
1日目は直江兼続の愛Tシャツでした
 テント設営する赤沼俊幸
テント設営する赤沼俊幸

顔ハメ看板

近年のブームの一貫か、顔ハメ看板(パネル)が会場に多くありました。

宇宙人と赤沼俊幸
宇宙人と赤沼俊幸

クマと赤沼俊幸

ライジングサン的サプライズ

ライジングサンの良いところはその辺を歩いていても、何か突発的なイベントに出くわすこと。僕は全然知らなかったのですが、「むぎ(猫)」さんの突発的な写真撮影会に出会え、撮影。同日、ボヘミアンサーカスでライブをしていたのを知り、見ることができました。(このツイートが一番人気でした)

こういうのもすごくいいですね。

こういうのがJOIN ALIVEにはないんですよー!!!見てますか、JOIN ALIVE関係者〜!!!

一番良かったフェス飯

一番良かったフェス飯は小樽のぱんじゅう!あんこ最高…!フェスであんこを食べたかったー!

それではここからは観たライブを!

サンボマスター

トリマトリシカ、平岡恵子

高校時代、桃乃未琴というミュージシャンを熱心に聴いていました。女性ミュージシャンの中では一番好きだったと思います。オールナイトニッポンRも聴いていました。ナインティナインの次の木曜日です。

ただ、いつからか活動が少なくなり、いずれトリマトリシカというバンドで活動している話を聴き、そのうち、本名の平岡恵子で活動されるようになりました。平岡恵子のアルバムを聴いたものの、当時の僕には全体的に暗く感じ、そのうちそこまでは聴かなくなってしまいました。

そんな中、突然のライジングサンの参加…!僕には高校時代に戻れるような気持ちになりました。

過去のツイートを探っていたら、2009年11月14日に平岡恵子さんのライブに行っていた…。ということは、自分にとっては9年ぶりのライブだったようです。

クラムボン

ライジング仕様の古くからのファンには溜まらないセトリと素晴らしいパフォーマンスで心をぐっと掴まれました…。演奏技術はもちろん素晴らしいのですが、ミトさんのベースでスピーカーを叩きつける表現…。あんなクラムボンを久しぶりに観ました。

フィッシュマンズ

水没してくるレインボーシャングリラ…。なぜ屋根があるレインボーシャングリラが水没するのか…。ステージの横はすごい水たまりがありました。横から入ってきたんでしょうか…。

1日目夜の雨(レキシ)

フィッシュマンズ後はレキシを見るつもりでしたが、ひどい雨と、天気予報アプリでこれから降る予報、地面のぬかるみ具合、体力を考え、断念…。

2日目の朝

シャワーに入るためにシャワーエリアへ。10時に予約したはずが、全然呼ばれないので、しょうがなく、足湯に浸かります。足湯は熱かったのですが、徐々に慣れ、気持ちいい。しかし、周りの足湯に入った人は熱いらしく、大体、10分ぐらいで足湯を出ます。

しかし、僕は結果、1時間足湯に浸かります…。これは熱いお湯に入るおじいちゃんと一緒…老化。。。

1時間待っても呼ばれないシャワー。番号を見に行くと、「あと1時間待ちです」との伝達…。なんと10時から数えて2時間半押し…。他のライブがあったので、諦めてその場を去りました。混むのは仕方ないですが、こちらは前料金払っているんですよ…。前料金システムであれば、もう少ししっかりしてほしい…。。。

BiSH

関取花

折坂悠太

山下達郎

EGO-WRAPPIN’

エレファントカシマシ

その他

また来年

今年も素晴らしいRISING SUN ROCK FESTIVAL!!。雨は大変でしたが、これは仕方がない。運営の皆さん、お疲れ様でした!!(シャワーだけは改善お願いします…)

来年は8/16、17のようです。今から休める用意をしておきましょうー!

執筆者

赤沼俊幸
札幌でWebマーケティングコンサルティング・サポートを提供し、Webマーケティングの悩みを解決する、マーケティスト代表。北海道のITを紹介するキタゴエの編集長も行っています。 札幌への移住を促進する札幌移住計画では広報やイベントを担当しています。個人的な表現活動として、赤沼俊幸の写真都市を行っています。Twitterは@toshiyuki83

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメント

SNS